子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの償還払い

更新日:2024年04月01日

ページID : 2683

県外医療機関で接種を希望される方へ

対象者

接種日時点で高岡市に住民登録がある、平成9年4月2日から平成20年4月1日生の女性で、令和6年4月1日以降に県外医療機関で接種を受ける方

予防接種を受けるまでの流れ

  1. 高岡市ヒトパピローマウイルス感染症に係る予防接種実施依頼申請書(様式第1号)を記入し、健康増進課へ提出してください。(郵送可)。
    富山県電子申請サービスからの申請も可能です。
  2. 健康増進課から高岡市ヒトパピローマウイルス感染症に係る予防接種実施依頼書(様式第2号)を送付します。
    • (注意)実施依頼書の発行前に接種した予防接種は、助成の対象になりません。
    • (注意)実施依頼書を発行してから、接種を受けるまでの間に転出された場合は、高岡市からの助成は受けられません。
  3. 母子健康手帳、高岡市の予診票および高岡市ヒトパピローマウイルス感染症に係る予防接種実施依頼書(様式第2号)を持参し、県外医療機関で接種してください。
  4. 接種費用は一度医療機関の窓口でお支払いください。領収書・予防接種予診票(原本)を必ず受け取ってください。

予防接種後の手続き

対象者には、償還払いを実施します(2価・4価ワクチンは1回あたり上限16,400円、9価ワクチンは1回あたり上限29,300円、最大3回接種分まで)。下記の必要書類を揃え、健康増進課へ提出してください。(郵送可)

  • (注意)「予診のみ」の場合は、償還払いの申請の対象となりません。
  • (注意)証明等の発行に係る文書料は自己負担となります。
  • (注意)事前に「高岡市ヒトパピローマウイルス感染症に係る予防接種実施依頼書(様式第2号)」を発行していない予防接種は、助成の対象外となります。

申請期限

令和7年3月末日

提出書類

  1. 高岡市ヒトパピローマウイルス感染症に係る予防接種償還払請求書(富山県外接種用)(様式第5号)
  2. 予防接種費用の領収書の原本(費用の額及び接種回数を証明できる書類)
  3. 接種に使用した高岡市の予診票の原本
  4. 振込先口座の確認ができるもの(通帳、キャッシュカードの写し等)

(補足)郵送される場合は、通帳(銀行名、口座番号、口座種別がわかるページ)の複写でも可能です。請求書に記載漏れがないか確認し、送付ください。

申請窓口(送付先)

〒933-0045高岡市本丸町7-25

高岡市健康増進課(保健センター)予防接種係

任意接種(自費)で接種された方へ

対象者には、償還払いを実施します(1回あたり上限16,400円、最大3回接種分まで)。下記の必要書類を揃え、健康増進課へ提出してください。(郵送可)

  • (注意)「予診のみ」の場合は、償還払いの申請の対象となりません。
  • (注意)証明等の発行に係る文書料は自己負担となります。

対象者

令和4年4月1日時点で高岡市に住民登録がある、平成9年4月2日から平成18年4月1日生の女性で、定期接種の年齢を過ぎて任意接種(自費)で接種された方

(注意)9価HPVワクチン(シルガード9)で接種された方は対象になりません。

申請期限

令和7年3月末日

提出書類

  1. 高岡市ヒトパピローマウイルス感染症に係る予防接種償還払請求書(様式第3号)
  2. 予防接種費用の領収書の原本(費用の額及び接種回数を証明できる書類)
    (補足)領収書がない場合は、健康増進課(0766-20-1349)までご連絡ください。
  3. 母子健康手帳または接種済証等に記載された接種記録の写し
  4. (3が添付できない場合)高岡市ヒトパピローマウイルス感染症に係る予防接種償還払申請用証明書(様式第4号)(PDFファイル:83.4KB)
  5. 振込先口座の確認ができるもの(通帳、キャッシュカードの写し等)
    (補足)郵送される場合は、通帳(銀行名、口座番号、口座種別がわかるページ)の複写でも可能です。請求書に記載漏れがないか確認し、送付ください。

申請窓口(送付先)

〒933-0045高岡市本丸町7-25

高岡市健康増進課(保健センター)予防接種係

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課
〒933-0045 富山県高岡市本丸町7-25
電話番号:0766-20-1349
ファックス:0766-20-1347

メールフォームによるお問い合わせ