離婚届

更新日:2024年05月22日

ページID : 9540

協議離婚と裁判離婚があります。離婚の種別により、届出方法が異なります。

協議離婚

届出に必要なもの

  • 離婚届
  • 住民異動届(同時に住所や世帯を変更する場合)
  • 窓口に届書を持参された方の本人確認書類

(注釈)成人の証人2人の署名が必要です。

届出期間

届書が受理されたときから効力が発生します。

届出人

夫と妻

裁判離婚

裁判所が関与して成立する離婚で、調停離婚、審判離婚、和解離婚、請求の認諾離婚、判決離婚の5種類があります。離婚届の証人は必要ありません。離婚の種類によって、届出に必要な書類が異なりますのでご注意ください。

届出に必要なもの

  • 離婚届
  • 住民異動届(同時に住所や世帯を変更する場合)

(注釈)裁判の種類によって、下記も必要です。

  • 調停離婚の場合は、調停調書の謄本
  • 審判離婚の場合は、審判書の謄本及び確定証明書
  • 和解離婚の場合は、和解調書の謄本
  • 請求の認諾の場合は、認諾調書の謄本
  • 判決離婚の場合は、判決書の謄本及び確定証明書

届出期間

裁判の確定または調停・和解・認諾の成立した日を含めて10日以内

(注意)10日目が休日の場合は、その日以降の最初の開庁日

届出人

裁判の提起者

(注意)届出期間内に届出されないときは、相手方からも届出ができます。

届出地(共通)

  • 夫妻の本籍地
  • 夫妻の住所地(所在地)

届出の際の注意点(共通)

  • 署名欄は必ず届出人が自署してください。押印は任意です。
  • 婚姻によって氏を改めた夫または妻は、離婚によって婚姻前の氏に戻ります。続けて婚姻中の氏を名乗りたいときは、離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)が必要です。
  • 離婚する夫婦の間に未成年の子がいるときは、夫婦の一方を親権者として定めなければなりません。親権者を定めても、子どもの戸籍に変動はありません。父母の一方の戸籍に入っている子が他方の戸籍に入るためには、家庭裁判所で「子の氏の変更」の許可を得て、別途「入籍届」をする必要があります。

受付場所について(共通)

受付場所について(共通)の詳細
届出の受付時間 受付場所

平日の午前8時30分から午後5時15分まで

高岡市役所1階市民課
各支所(伏木、戸出、中田、福岡)

平日の時間外と土曜日、日曜日、祝日、
年末年始(12月29日から1月3日)

高岡市役所1階警備室(電話20-1482)

(注意)警備室の場所

警備室の場所の地図

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民課
〒933-8601 富山県高岡市広小路7-50
電話番号:0766-20-1336
ファックス:0766-27-1188

メールフォームによるお問い合わせ