ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 予防・啓発 > 生活安全情報 > 通電火災にご注意ください

ここから本文です。

更新日:2020年9月4日

通電火災にご注意ください

通電火災とは、地震や台風、豪雨等の自然災害の影響による停電から復旧し、通電が再開される際に発生する火災のことをいいます。

通電火災は、阪神淡路大震災や東日本大震災において、火災による二次被害が頻発したことで、その要因として注目されました。

近年では、台風や豪雨等の風水害による停電からの復旧の際にも通電火災が発生しており、注意が必要です。

tudenkasai

出火のメカニズム

出火に至る経緯としては、次のことが挙げられます。

1.アイロン等の電気機器の電源が入ったまま再通電したことにより、ヒーター部分に可燃物が接触、加熱し出火

2.電線、引込線、屋内配線が損傷した状態で通電し、配線のショートや樹木の接触による漏電によって火花が発生し出火

通電火災を防ぐポイント

 次のことを実践し、通電火災を未然に防ぎましょう。

1.停電中は電気機器のスイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。

2.停電中に自宅を離れる際は、ブレーカーを落としてください。

3.再通電時には、漏水等で電気機器等が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してから使用してください。

4.建物や電気機器に外見上の損傷がない場合でも、屋内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電後、時間が経過してから火災に至ることがありますので、煙の発生等の異常を発見した場合は、ブレーカーを落とし、お近くの消防機関に連絡してください。

5.このほか、地震・風水害に伴う通電火災対策について火災予防啓発映像もご確認ください。

 

火災予防啓発映像:地震火災~あなたの命を守るために出来ること~(外部サイトへリンク)

tudenkasai2 tudenkasai3

 

 

 

お問い合わせ

消防本部予防課

富山県高岡市広小路5-10

電話番号:0766-22-3132