ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 予防・啓発 > 危険物安全週間について

ここから本文です。

更新日:2022年5月31日

危険物安全週間について

危険物安全週間とは

今日、石油類をはじめとする危険物は、事業所等において幅広く利用されるとともに、国民生活に深く浸透し、その安全確保の重要性はますます増大しています。このため、事業所における自主保安体制の確立を呼びかけるとともに、広く国民に危険物の意識高揚と啓発を図ることを目的として、平成2年に消防庁により制定されました。

毎年6月第2週目の日曜日から土曜日までの1週間を危険物安全週間としています。

実施期間

令和4年6月5日(日曜日)から6月11日(土曜日)まで

実施行事

実施行事については、下記のリンクで確認することができます。

実施行事(PDF:117KB)

令和4年度危険物安全週間推進標語ポスター

pos

危険物の安全な取扱いについて

ガソリン、灯油、軽油、重油等の危険物は、私たちの生活に欠かすことのできない大切なものです。

乗用車への給油を行うとき、冬季に石油ストーブを用いるときなど私たちは日常生活のあらゆる場面で危険物を取り扱っています。

しかし、使い方や管理の方法を間違えると、火災や大きな事故につながります。

取扱いや保管方法には十分注意して、安全に取り扱いましょう。

安全な危険物の取扱いについては以下のページをご覧ください。(サイト内ページへリンク)

セルフ式ガソリンスタンドの安全利用について

ガソリン携行缶の取扱いには注意しましょう

石油ストーブ火災にご注意

冬季の油流出事故防止について

消毒用アルコールの安全な取扱い等について

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

消防本部予防課

富山県高岡市広小路5-10

電話番号:0766-22-3132