ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 予防・啓発 > 生活安全情報 > 揚げ玉・揚げかすは自然発火するおそれがあります!

ここから本文です。

更新日:2023年9月1日

揚げ玉・揚げかすは自然発火するおそれがあります!

家庭の揚げ物には、サラダ油や天ぷら油、営業用には大豆油やラードなどが用いられていますが、約360℃以上になれば火がなくても自然に発火し、火災となる場合があります。

揚げ物の適温は180~220℃とされていますが、この揚げ玉や揚げかすを100℃以上の高温状態で熱放散の悪い容器に多量に入れると、余熱によって酸化発熱が促進され360℃の発火点に到達し、自然発火します。

 

 agetama3

自然発火を防ぐために、以下のことに注意しましょう!

1.余熱がある状態では、一か所にまとめて置かず広げて分散して置くようにしましょう。

2.捨てる前は水をまんべんなくかけて十分冷やし、熱がないことを確認してから捨てるようにしましょう。

お問い合わせ

消防本部予防課

富山県高岡市広小路5-10

電話番号:0766-22-3132