ホーム > 産業・まちづくり > 都市計画 > 市街化区域および市街化調整区域の区域区分(通称「線引き」)の見直しへの対応について

ここから本文です。

更新日:2022年8月5日

市街化区域および市街化調整区域の区域区分(通称「線引き」)の見直しへの対応について

市では、線引きの見直しに向けて、以下の基本方針のもと、地元、事業者、関係機関との協議・調整を進め、変更希望箇所(見直し箇所)を選定します。

  • 市街化区域…優先的かつ計画的に市街化を図る区域
  • 市街化調整区域…市街化を抑制する区域
  • 区域区分…都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域とに区分すること(区域区分は別名で「線引き」とも呼ばれています。)

基本方針

1、変更希望箇所選定にあたっての検討対象区域の設定

都市計画マスタープランなど、本市のまちづくり・土地利用に関する方針を踏まえつつ、商業系・工業系を基本とした以下の区域を設定します。

  • 商業系(店舗・業務施設等の立地)

➣都心エリア(新高岡駅~高岡駅~中心市街地)に位置付けた区域

【対象区域】新高岡駅(北陸新幹線・JR城端線)の周辺エリア

  • 工業系(工場・流通施設などの立地)

➣既存市街化区域内に立地する工場等集積地に隣接する区域

➣ICからおおむね1km以内の区域

※飛び地で新たに市街化区域を設定する場合は、既存住宅地を除く20ha以上の区域

【対象区域】能越自動車道:高岡IC、高岡北IC、福岡PAの各周辺エリア

北陸自動車道:高岡砺波SICの周辺エリア

今後、これらの区域を基本に地元や事業者の意向や開発計画等の確認把握を行います。

検討対象区域図(PDF:3,315KB)

2、変更希望箇所選定にあたっての本市の基本的な考え方

以下の観点を総合的に勘案し、変更希望個所を選定します。

  • 総合計画等、他の計画における土地利用・開発計画との整合性
  • 宅地化及び施設立地の確実性(土地区画整理事業、開発行為等の市街地整備)
  • 対象区域周辺における既存市街化区域内の低未利用地(残存農地等)の状況等

今後のスケジュール

  • 令和5年2月上旬:市から県へ変更希望箇所を提出予定

以降、県は関係機関との調整を経て、変更(案)をとりまとめ、法手続き(公聴会、都市計画審議会等)を進める予定

その他

線引きに関するご相談は都市計画課が窓口となりますが、市街化調整区域でも住宅建築等、土地活用できる場合がございます。市街化調整区域での土地活用に関するご相談の場合は、各担当課へご案内します。

市街化調整区域内の土地の活用について(PDF:1,208KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市創造部都市計画課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1404

ファックス:0766-20-1655