ホーム > 暮らし > 上下水道 > 消費税率改定に伴う上下水道料金の取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2019年9月9日

消費税率改定に伴う上下水道料金の取扱いについて

 消費税率改定に伴い、令和元年10月1日以降の水道料金及び下水道使用料には、10%の消費税が適用されます。

 ただし、令和元年9月30日以前から、継続して水道または下水道をご使用の場合、経過措置として、10月検針分(偶数月検針の方)、11月検針分(奇数月検針の方)の請求については旧税率8%となります。

 偶数月検針の方は12月検針分、奇数月検針の方は1月検針分から消費税率が10%になります。

 なお、水道または下水道の使用を開始された日が令和元年10月1日以降の場合は、令和元年10月検針分または、11月検針分から消費税10%が適用されます。

新税率10%の適用時期

令和元年10月1日前より継続して使用されている方

 施行後最初に確定する料金は8%の旧税率が適用されます。

令和元年10月1日以降から使用開始された方

 最初の料金から新税率10%が適用されます。

消費税2 

お問い合わせ

上下水道局営業課 担当名:水道料金センター

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1616

ファックス:0766-20-1602