ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 災害時情報提供 > 「避難勧告等に関するガイドライン」の改定に伴う警戒レベルの運用のついて

ここから本文です。

更新日:2019年5月23日

「避難勧告等に関するガイドライン」の改定に伴う警戒レベルの運用について

平成30年7月豪雨を教訓とし、内閣府及び消防庁は、避難対策の強化のため「避難勧告等に関するガイドライン」を改定しました。

この改定に伴い、本市では、今出水期から避難勧告等に「警戒レベル」を付与し、分かりやすい避難情報を提供します。

避難情報を警戒レベルを用いて5段階でお知らせします。

keikaizu

身の回りで危険を感じたら、市からの避難情報の発令を待たずに、自主的に避難するよう心がけましょう。
また、避難指示(緊急)は必ず発令されるものではなく、重ねて避難を促す場合等に発令します。
【 警戒レベル4 避難勧告 】が発令されたら、速やかに避難を開始しましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部総務課 担当名:危機管理室

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1229

ファックス:0766-20-1325