ホーム > 防災・防犯 > 防災 > まるごとまちごとハザードマップ整備事業(水害リスクの現地表示)

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

まるごとまちごとハザードマップ整備事業(水害リスクの現地表示)

1 事業の概要

本事業は、住民の皆さんが生活する地域の水害の危険性を実感できるよう、居住地域をまるごとハザードマップと見立てて、まちなかの住民の皆さんが目につきやすい電柱や建物壁面等に、河川がはん濫した場合の最大浸水深を記載した表示板を設置し、避難情報発令時に迅速な避難行動を支援する取り組みです。

2 表示板の設置方法

  • 表示板は、住民の皆さんに現地で実際の浸水深を実感していただけるよう、人の目線となる高さ(道路面から表示板中央までの高さ約1.35メートル)に加えて、実際の高さにも設置しています。(令和3年度から対応)
  • 表示板には、保育園や小学校等にも設置し、子どもから大人までより多くの住民の皆さんに見て、理解していただけるよう、漢字にはふりがなを記載しています。(令和4年度から対応)

3 表示板イメージ

人の目線(高さ50cm×幅33cm)

実際の高さ(高さ28cm×幅20cm)

実際の高さ

4 設置事例

電柱への設置事例

電柱

施設への設置事例

施設への設置状況(牧野中学校)

5 設置場所

6 事業の完了予定

  • 本事業は、令和8年度に完了する予定です。

7 関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部危機管理課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1229

ファックス:0766-20-1549