ホーム > 暮らし > 就職・雇用 > イベント・講座・セミナー > 10月26日若年無業者をサポート「小さな一歩いっしょに見つけよう」が開催されます

ここから本文です。

更新日:2019年9月19日

10月26日若年無業者をサポート「小さな一歩いっしょに見つけよう」が開催されます

若年無業者は50人に1人、高岡市では約2000人と見込まれています。

また、今年3月には引きこもり状態にある中高年はその数を上回っているとの推計が内閣府から発表されました。

このたび、高岡市ふれあい福祉センターで、ひきこもり診療・啓蒙活動の世界的な第一人者である、筑波大学医学医療系社会精神保健学教授の斎藤環氏をお迎えした講演会とシンポジウムが開催されます。この企画により、若年無業者への理解を深め、就労、福祉、教育等関係機関・団体が連携し「高岡型」支援モデルの構築を目指します。

多くの方の参加をお待ちしております。

開催日時

令和元年10月26日(土曜日)午後0時30分から3時30分

会場

高岡市ふれあい福祉センター 多目的ホール

(高岡市博労本町4番1号)

テーマ・内容

全体テーマ「小さな一歩いっしょに見つけよう」
構成 個別テーマ 内容

第1部

講演会

対話による無業者支援

斎藤環氏が講師となって、本人の想い、家族ができること、地域に求められることについて講演します

第2部

シンポジウム

地域でできること

斎藤環氏によるファシリテートで地域の支援者ができることを見つけます

シンポジスト5名の方が参加されます

講師

筑波大学医学医療系社会精神保健学教授

斎藤 環

シンポジスト

所属 氏名 主な活動内容
つくしの会

代表

宮川 清恵

ひきこもり、生きづらい当人・家族の支え合いの活動
コミュニティハウスひとのま

居場所主催

宮田 隼

「コミュニティハウスひとのま」を開設し、「孤立」を感じがちな市民が支えあえる場を提供
高岡市福祉保健部社会福祉課

保護係長

竹本 好雄

各種制度・関係機関の案内、アウトリーチ
特定非営利活動法人学校外教育支援協会

理事長

福本 秀樹

不登校生や中退者、引きこもり等の本人・保護者へのカウンセリング、学習機会の提供、学校外教育に関する助言等
高岡地域若者サポートステーション

相談員

松原 美砂

若年無業者の職業的自立支援として、本人・家族との面談、各種プログラムを実施

対象者

不登校、ひきこもりを含む無業状態の本人、その家族、支援者、関心のある方

参加費

無料

定員

200名

申込方法

参加申込書(PDF:1,377KB)を記入のうえ、高岡地域若者サポートステーション(たかサポ)にFAXまたはメールでお申込みください。

高岡地域若者サポートステーション
開所時間:午前10時~午後5時
開所日:火曜日~土曜日(日曜日、月曜日、祝祭日は閉所)
富山県高岡市駅南1-1-18中野ビル1階
TEL・FAX(共通):0766-24-4466
E-mail:info@takasapo.com

その他

この事業は市が実施する「市民共創チャレンジ事業」で採択された事業です。

関連リンク等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業振興部商業雇用課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1297

ファックス:0766-20-1496

高岡市地域若者サポートステーション
富山県高岡市駅南1-1-18中野ビル1階
電話番号:0766-24-4466
ファックス:0766-24-4466