ホーム > 防災・防犯 > 消防 > 集まれ未来の消防士!高岡市消防インターンシップ

ここから本文です。

更新日:2019年7月1日

集まれ未来の消防士!高岡市消防インターンシップ

インターンシップ

高岡市消防では、県内・県外の学生の皆さんに消防業務を体験していただき、就業意識の向上と消防に対する興味・理解を深めていただくことを目的に、インターンシップを実施しています。学生の皆さん!市民の安全・安心を守る消防の仕事に挑戦しましょう。

  • 高岡市消防インターンシップ応募案内
  • 高岡市消防インターンシップ申込書
  • 高岡市消防インターンシップ申込書(記入例)
  • ※受付は終了しました。

    体験期間

    令和元年8月5日(月)から9日(金)まで(1日からの参加でも可)
    13時30分から16時30分まで

    ※初日以外の参加者はオリエンテーションを実施するため、13時00分から開始。(2日間から4日間参加する学生は、参加初日のみ13時00分から開始)

    体験内容

    施設見学、消火体験、救助体験、救急体験、搬送体験、要救助者救出体験など

    インターンシップ体験風景

    インターンシップ風景へ(クリック)

    過去の実績

    開催年度

    参加者数

    うち女性

    平成26年度

    18名

    3名

    平成27年度

    32名

    0名

    平成28年度

    42名

    2名

    平成29年度

    17名

    0名

    平成30年度

    21名

    3名

    参加学生の感想

    インターンシップを終えて、思ったことや感じたことは?

    ・消防の仕事内容や訓練を実際に体験したことで、消防士になりたいと思った。

    ・14歳の挑戦で消防体験をしたが、そのときに体験できなかったことも、今回は多くの体験ができたので、より消防に興味をもった。

    ・消防の仕事はとてもハードであると感じたが、その先には人を助けた時の喜びがあると分かった。

    インターンシップを終えて、消防の仕事について認識の変化がありましたか?

    ・消防の仕事は、毎日訓練をしているイメージがあったが、事務仕事もしていることにびっくりした。

    ・女性の消防士もいたので、男性だけではなく、女性も消防士になれることが分かった。

    ・消防の仕事は火災などの現場活動といったイメージが強かったが、予防業務や指令業務など現場活動以外でも多くの業務があることが分かった。

    ・消防の仕事は「きつい」というイメージしかなかったが、今回体験したことで、消防という仕事に誇りをもっていることが伝わり、きついこともあるがやりがいのある楽しい仕事であると実感した。

    お問い合わせ

    消防本部総務課

    富山県高岡市広小路5-10

    電話番号:0766-22-2266

    ファックス:0766-22-1994