ここから本文です。

更新日:2022年9月28日

女性消防士紹介!

 

所属、氏名

所属:戸出消防署救急係

氏名:黒田有香

経歴

平成29年度採用(高岡市消防本部初の女性消防士)
平成29年4月~富山県消防学校入校
平成29年10月~福岡消防署警防係へ配属
令和元年10月~戸出消防署警防係へ配属
令和3年10月~戸出消防署救急係へ配属
(富山県消防学校の訓練風景へ)
(配属の訓練風景へ)

※下記内容は、平成30年8月現在のものです。

消防士になろうと思った理由は?

私の身近である従姉妹が交通事故に遭い、悲惨な事故現場から従姉妹を救助、処置して下さったのが消防職員であったからです。

高岡市消防本部を選んだ理由は?

初めての女性消防士を募集していると知り、高岡市消防本部に新しい風を吹かせられる消防士になりたいと思ったからです。

消防学校での訓練は?

体力も筋力もないので毎日ついていくことで精一杯ですが、あたたかい教官と同期がいるので楽しいです。
かっこいい消防士になれるよう、これからも訓練頑張ります!

配属先の仕事内容・担当業務は?

私が担当している係は警防係ですので、火災現場での消火活動や救急隊の支援活動等、主に消防隊として活動していますが、ときには救急車に乗り救急活動を行ったりもしています。また、福岡消防署には救助工作車があるため、資器材の使用方法などの訓練も行っています。警防係では、書類作成や届出書の処理、避難訓練等の出向訓練を行っていますが、新人として行わなければいけない業務や出動時の報告書の作成も行っています。分からないことが多いので、上司の指導・アドバイスを受けながら日々業務にあたっています。

配属先の雰囲気は?

消防学校の卒業前は、男の職場というイメージが強く、職場に対する怖さや不安はすごくありましたが、約半年が経過した今では、なんでも話せる先輩方がいてくださるので、仕事がやりやすく有り難いなと感じています。訓練や現場では、危機管理不足等で怒られることもありますが、普段の業務の中でも時間を割いて丁寧に知識や技術を教えてくださり、頼りになる先輩方が多いです。ときには、壁にぶつかったり落ち込んだり悩んだりすることもありますが、そのときは配属の先輩方だけでなく、他署の先輩にも相談にのってもらったり、気にかけてもらえたりしていただけるので安心します。オンとオフの切り替えはもちろん大切なことですが、24時間を共にしているので休憩時間は和気藹々としていて、良い雰囲気だと思います。

初めての火災現場での感想は?

初めての火災現場は現場到着時すでに鎮火していたため、排煙活動を実施していましたが、建物内はやや薄暗く、そこにいるだけで目や喉に違和感があった記憶があります。「これだけしかない煙でもこんなつらいのか」「炎上火災で屋内に人がいたらもっと辛くて苦しいだろうな」と、初めて煙の怖さを知りました。
消防学校では現場を想定した火災防ぎょ活動など基礎訓練を習得しましたが、現場では全く同じシチュエーションがないので、自分の能力を最大限生かすための知識・技術の習得や臨機応変な活動を行うための豊富な経験が大切だと思いました。災害現場では、どんなことがあっても冷静に対応しなくてはいけないので、今はまだ自分のことで精一杯ですが、周りのことを観察できるような幅広い視野がもてるようになりたいです。

お問い合わせ

消防本部総務課

富山県高岡市広小路5-10

電話番号:0766-22-2266

ファックス:0766-22-1994