ホーム > 暮らし > 税金 > 個人市民税 > 個人市民税に関する申告・届出書 > 総括表・給与支払報告書の提出について

ここから本文です。

更新日:2019年12月4日

総括表・給与支払報告書の提出について

提出義務者

その年の1月1日から12月31日までに、給与・賃金等(専従者給与含む)を支払った事業主、法人。

※報告する金額はその年中に支払が確定したものになります。

提出先

給与を支払った年の翌年1月1日現在で受給者が住民登録している各市区町村。
高岡市に提出する場合は、高岡市役所2階の市民税課へ提出してください。
(郵送での提出も受付しています。)

提出書類

  • 総括表
  • 給与支払報告書(個人別明細書)
  • 本人確認書類

※総括表は事業主や法人につき1部、給与支払報告書(個人別明細書)は1名につき2部作成し、提出してください。
※追加で提出される場合や再提出される場合は、総括表の空いたスペース、および個人別明細書の摘要欄に「追加分」、「再提出分」と赤字で記入してください。総括表は事業主や法人につき1部、給与支払報告書(個人別明細書)は1名につき2部作成し、提出してください。
個人事業主の方は、本人確認書類として、事業主ご自身の個人番号(マイナンバー)の確認のできる書類等、及び身元確認のできる書類等を提出する必要があります。詳しくは下記リンクをご覧ください。

【重要】個人事業主の個人番号(マイナンバー)記載と本人確認について

様式・作成例

提出期限

給与等を支払った年の翌年の1月31日まで(1月31日が休日の場合は次の営業日)

早期の提出にご協力をお願いします。

提出の際の注意事項

  • 給与を支払う人(年の途中に退職した人やパート、アルバイト、専従者を含む)全員のものを提出してください。(支払金額の多少や年末調整の有無にかかわらず)
  • 特別徴収(給与からの市民税・県民税の引き去り)をできる人、できない人の区分を明確にしてください。
  • 特別徴収できない人がいる場合には、普通徴収切替理由書を記入のうえ、該当の符号を個人別明細書の摘要欄に記入してください。

給与支払報告書(個人別明細書)作成の際の注意事項(摘要欄の記入について)

  • 前職の給与を含めて年末調整をした人については、前職の「退職年月日」、「事業所名」、「給与支払金額」、「社会保険料」、「源泉徴収税額」を記入してください。
  • 特別徴収できない人には、該当の符号を記入してください。

記載事項に不明な点がありましたら、電話確認や再提出をお願いすることになります。作成要領に従って正確に作成してください。特に個人番号については、記入漏れがないよう気を付けてください。

 

参考:給与支払報告書の作成・提出について(PDF:854KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部市民税課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1257、1261

ファックス:0766-20-1283