ホーム > 暮らし > 税金 > 個人市民税 > 生命保険金等を年金形式で受給しているみなさんへ

ここから本文です。

更新日:2014年1月4日

生命保険金等を年金形式で受給しているみなさんへ

この度、遺族が年金として受給する保険金(以下「保険年金」)について、相続税の課税対象となった部分は、所得税の課税対象にならないとする最高裁判所の判決がありました。
これにより、個人市・県民税および所得税については、次のとおり取り扱うこととなりました。

対象となる方

各年において相続、贈与などにより得た保険契約や損害保険契約等にかかる年金を受給していた方
具体的には、次の(1)から(3)のいずれかに該当する方で保険契約等に係る保険料等の負担者でない方です。

  • (1)年金型保険・・・・・死亡保険金を年金形式で受給していた方
  • (2)学資保険・・・・・・・学資保険の保険契約者がお亡くなりになったことに伴い、養育年金を受給していた方
  • (3)個人年金保険・・・個人年金保険契約に基づく年金を受給していた方

取り扱い・手続きについて

詳しい取り扱いや手続き、計算方法等については、最寄りの税務署にご相談ください。

お問い合わせ

総務部市民税課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1263

ファックス:0766-20-1283