ホーム > 暮らし > マイナンバー制度 > マイナンバーカードの電子証明書について

ここから本文です。

更新日:2020年6月26日

マイナンバーカードの電子証明書について

公的個人認証サービスとは

公的個人認証サービスとは、インターネットを通じて安全・確実な行政手続き等を行うために、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされていないことを確認するための機能を電子証明書という形で提供するものです。この公的個人認証サービスを利用することによって、ご自宅や職場などのパソコンからさまざまな行政手続き等を行うことができます。

<参考>公的個人認証サービスポータルサイト(外部サイトへリンク)

 

電子証明書について

電子証明書が必要な方はマイナンバーカードを申請してください。マイナンバーカードには署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2種類の電子証明書を格納することができます。

<参考>マイナンバーカードの申請方法について

 

            署名用電子証明書         利用者証明用電子証明書
利用目的 電子申告・納税(e-Tax) など

コンビニ交付サービス

マイナポータルへのログイン など

暗証番号

6~16桁の英数字(アルファベットは大文字)

※5回連続で入力を誤るとロックされます

4桁の数字

※3回連続で入力を誤るとロックされます

有効期間

発行の日から5回目の誕生日まで

※ただし、氏名・住所・生年月日・性別に変更があった場合は、自動的に失効します

発行の日から5回目の誕生日まで

※手数料は、当分の間、初回交付時やマイナンバーカードの再交付を伴わない場合は無料です。

 

暗証番号の初期化・変更等について (手数料無料)

  • 暗証番号を忘れたときは、暗証番号を初期化し、新たに設定する必要があります。ご本人がマイナンバーカードと本人確認書類を持参のうえ、市民課、福岡総合行政センター市民生活課、伏木・戸出・中田の各支所までお越しください。
  • 署名用電子証明書の暗証番号は5回連続、利用者証明用電子証明書の暗証番号は3回連続入力を誤ると、電子証明書がロックされます。ロック解除の手続きが必要となりますので、ご本人がマイナンバーカードと本人確認書類を持参のうえ、市民課、福岡総合行政センター市民生活課、伏木・戸出・中田の各支所までお越しください。
  • 暗証番号はご自宅のパソコンから変更することができます。詳しくは、公的個人認証サービスポータルサイトの「電子証明書のパスワードの変更方法」(外部サイトへリンク)をご確認ください。また、市民課、福岡総合行政センター市民生活課、伏木・戸出・中田の各支所で暗証番号変更の申請を行うこともできます。

 

電子証明書の更新手続きについて (手数料無料)

  • 電子証明書の有効期間満了日の3ヶ月前から更新手続きができます。 
    (例: 2020年1月15日が有効期間満了日の場合、2019年10月16日から手続き可能)  
  • 更新の対象者には電子証明書有効期限通知書がご自宅に郵送されますので、内容をご確認ください。 
  • 更新手続きの際に暗証番号の入力が必要になりますので、自身の暗証番号をご確認のうえ、
    窓口までお越しください。 (署名用 6~16桁の英数字/利用者証明用 4桁の数字)
  • 電子証明書の有効期間が満了すると、証明書のコンビニ交付サービスやe-Taxが利用できなくなります。
  • 電子証明書は有効期間が満了した後でも、再発行が可能です。
    (電子証明書の更新手続きをせず、電子証明書を再発行しなかった場合でも、マイナンバーカードは顔写真付きの本人確認書類として使えます。)

             dennsisyoumei-kousinn

  ※通知書は更新日が近づいた方へ一斉に送付しております。ご自宅に通知書が届いた直後は窓口が混雑しま
        す。また、月曜日や連休明け、昼前後の時間帯は大変混雑しますので、通常より待ち時間が長くなります。

 

電子申請の方法について

実際の利用手順は、各行政機関ごとに異なっていますので、ホームページ等の案内に従い操作を行ってください。

 

対象となる行政手続き

下記のほか、国の機関や各地方公共団体の手続きが順次追加される見込みとなっております。

その他利用できるサービスについては、公的個人認証サービスポータルサイトの「ご利用できる行政手続き等」(外部サイトへリンク)に掲載されておりますのでご確認ください。

 

お問い合わせ

市民生活部市民課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1333

ファックス:0766-27-1188