ホーム > 市政情報 > 選挙 > 広報・啓発 > 選挙啓発出前講座

ここから本文です。

更新日:2022年4月15日

選挙啓発出前講座

18歳選挙が始まっています

めいすいくん(桜)選挙権年齢が「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられ、2016年参院選から適用されています。

これを機に、高岡市選挙管理委員会と高岡市明るい選挙推進協議会では、選挙や政治への関心を高めてもらうため、若年層を対象に出前講座等による啓発活動に力を入れています。

選挙はわたしたちの代表を選ぶ大切なものです。
あなたの思いを込めた一票を投じましょう。

選挙出前講座等

めいすいくん(衆議)将来有権者となる小・中学生、高校生などを対象に、選挙に関する正しい知識や選挙への関心を持ってもらい、投票の意義を感じてもらうため、選挙出前講座を実施します。

  • 政治って?選挙って?(政治のしくみや選挙の流れを説明します)
  • 選挙マメ知識(投票所の基本的なレイアウトなど)
  • 模擬投票の実施

※講座の内容については、ご相談に応じます。

お申込み、お問い合わせ方法

申請書に必要事項を記入のうえ、高岡市選挙管理委員会までFAXまたはEメールにてお申込みください。

これまでの実施状況

令和3年度実施状況

 

日時

種類

対象/内容

9月21日~24日

物品貸出(投票箱6箱、記載台4台)

志貴野中学校/生徒会長選挙

11月15日

出前講座・模擬選挙

高岡工芸高等学校

1月26日

出前講座・模擬投票 高岡第一高等学校

2月10日~17日

物品貸出(投票箱6箱)

高岡向陵高等学校/生徒会長選挙

3月8日~9日

物品貸出(投票箱4箱、記載台4台)

志貴野中学校/生徒会長選挙

 高岡工芸高等学校

2年生約280名を対象として選挙啓発出前講座を行いました。クイズを交えて選挙制度について説明した後、「富山県知事選挙」というテーマで模擬投票を行いました。模擬投票では、3名の学生が立候補し、それぞれの公約を掲げ、演説で訴えました。学生達は投票用紙に記入して投票箱に入れるまでの手順を体験し、開票作業も行いました。

 demae1    demae2

学生の声(講座の感想)

  • 選挙に行くことの大切さ、与えられた権利を活用することの重要性を理解することができた。来年18歳になるので、自分のために権利を活用したい。 
  • 選挙の仕組みなど色々理解できた。若い人の関心をもっと高くすることが必要だと思ったので、選挙権をもらったら投票に行きたい。
  • しっかりと自分で調べて誰に投票するかを考えるのが大切だと思った。

 高岡第一高等学校

2年生約220名を対象として選挙啓発出前講座を行いました。クイズを交えて選挙制度について説明した後、「生徒会長選挙」というテーマで模擬投票を行いました。模擬投票では、3名の学生が立候補し、それぞれの公約を掲げ、演説で訴えました。学生達は投票用紙に記入して投票箱に入れるまでの手順を体験し、開票作業も行いました。また、高岡市選挙啓発サポーター「T-voice」の活動紹介も行いました。

 demae3   demae4

学生の声(講座の感想)

  • 選挙や政治はあまり身近でないので、このような講座で知識を深められてよかった。
  • 来年選挙に行ける歳になるという実感がなかったが、今回の講座を聞いて選挙に親近感が湧いた。
  • 選挙について関心がないから行かないと思っていたけれど、意見を反映するために大切なことだと思った。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局 

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1464

ファックス:0766-20-1471