ホーム > 防災・防犯 > 防犯・安全 > 交通安全 > 自転車利用時の交通ルールを守ろう!

ここから本文です。

更新日:2023年6月12日

自転車利用時の交通ルールを守ろう!

 自転車は、道路交通法上、軽車両として位置づけられており、自動車同様、守るべき交通ルールがあります。

自転車安全利用五則(令和4年11月1日付中央交通安全対策会議交通本部決定)

自転車に乗る際の守るべき基本ルールのうち、特に重要なものをまとめたものが「自転車安全利用五則」です。

「自転車安全利用五則」を守り、安全運転を心がけましょう。

1.車道が原則、左側を通行  歩道は例外、歩行者を優先

車道通行(左側通行)が原則で、自転車は「車と同じ向き」で乗りましょう。

ただし、次の場合は歩道※を通行することができます。

  ①歩道に通行可を示す標識等がある場合

 ②自転車を運転する人が13歳未満の子供・70歳以上の高齢者・身体が不自由な場合

 ③車道通行が危険な場合

 syadou syadou2

※歩道は、歩行者の通行が優先されます。

   車道寄りを徐行し、歩行者の通行を妨げるときは自転車から降りましょう。

syadou3

2.交差点では信号と一時停止を守って、安全確認

通り慣れた道であっても、必ず止まって左右の安全を確認しましょう。

kousatenkousaten2

3.夜間はライトを点灯

無灯火運転は、他から自転車が見えにくくなり危険です。

mutouka

4.飲酒運転は禁止

酒気帯び運転は大変危険です。

自動車と同様、自転車においても酒気帯び運転は禁じられており、絶対にやめましょう。

innsyu

5.ヘルメットを着用

令和5年4月1日より、年齢を問わず、全世代での自転車用ヘルメット着用が努力義務となりました。

自転車で亡くなられた方の多くが頭部を損傷し、ヘルメット非着用時は着用時と比べ
致死率が約2倍という統計も出ています。

自らの命を守るためにも、自転車に乗る際はヘルメットを着用しましょう。

herumeto

● ヘルメット着用啓発用ポップ(PDF:626KB)

 法律で禁止されている自転車の乗り方

 危険なため次の乗り方は法律で禁止されています。

1.二人乗り(児童を乗せるための幼児用シート使用のものは例外)

2.飲酒運転

3.並進進行

4.傘さし運転

5.信号無視や一時不停止

6.無灯火運転

7.ヘッドホンや携帯電話を使用しながらの運転

きんしかささしきんし2きんし3 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生活環境文化部市民生活課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1343

ファックス:0766-20-1666