ホーム > 産業・まちづくり > 企業立地 > 工場立地法に基づく届出 > 工場立地法にかかる業種別生産施設面積率

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

工場立地法にかかる業種別生産施設面積率

工場立地に関する準則

別表第一

業種の区分

敷地面積に対する生産施設の面積の割合

第一種

化学肥料製造業のうちアンモニア製造業及び尿素製造業、石油精製業、コークス製造業並びにボイラ・原動機製造業

百分の三十

第二種

伸鉄業

百分の四十

第三種 窯業・土石製品製造業(板ガラス製造業、陶磁器・同関連製品製造業、ほうろう鉄器製造業、七宝製品製造業及び人造宝石製造業を除く。) 百分の四十五

第四種

鋼管製造業及び電気供給業

百分の五十

第五種

でんぷん製造業、冷間ロール成型形鋼製造業

百分の五十五

第六種

石油製品・石炭製品製造業(石油精製業及びコークス製造業を除く。)及び高炉による製鉄業

百分の六十

第七種

その他の製造業、ガス供給業及び熱供給業

百分の六十五

お問い合わせ

産業振興部産業企画課 担当名:企業立地推進係

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1293

ファックス:0766-20-1287