ここから本文です。

更新日:2019年2月27日

野菜の栽培:かぼちゃ

土に触れ、自然の恵みに感謝し、笑顔の収穫ができるところ!

インターネット体験農園『野菜作りのここが知りたい』

かぼちゃ

かぼちゃ

※「北陸のやさい作り」北国新聞社発行を参照しております。

作業の目安時期

  • 植付準備
    4月25日→30日
  • 苗選び
    4月30日→5月5日
  • 植付け
    5月5日→10日
  • 保護・保温
    5月10日→20日
  • 整枝
    6月1日→10日
  • 交配
    6月10日→25日
  • 敷きわら
    6月1日→20日
  • 収穫
    7月15日→8月30日

種類

かぼちゃ日本種

日本種

かぼちゃ西洋種

西洋種

かぼちゃペポ種

ペポ種

苗選び

葉数4枚程度の苗で、無病で茎が太く、節間が短く、ガッチリした生育の良い苗を選びます。

かぼちゃの苗

整枝

親つると子つるを両側に配置する。込み合わず作業も楽。畝の両側に化成肥料を施す。

かぼちゃの栽培整枝

追肥

第1回はつる長50~60cmのとき畝の両側に化成肥料を施す。

かぼちゃの栽培追肥

人口交配

かぼちゃの栽培人口交配

雌花(上写真右)が開花したら、早朝から午前9時頃までに雄花(上写真左)を摘んで、雌しべに花粉を着けます。(人工受粉、交配)。一番果の理想着果節位は6~9節です。

授粉

かぼちゃの栽培授粉

雌花の柱頭に花粉をなすりつける。

収穫

かぼちゃの栽培収穫

開花後45日~50日たって果実が登熟し、つめをさしてみてさしにくいくらいになったときを見計らって収穫する。

収穫(ズッキーニの場合)

かぼちゃの栽培収穫

他品種と違い、節間が極端に詰まり果実は節成りとなる。開花後7~10日後の幼果を収穫。

かぼちゃの栽培栽培写真

トップページへ戻る

高岡市農業センター
〒933-0824、富山県高岡市西藤平蔵234
電話番号:0766-63-1818、ファックス:0766-63-2455

お問い合わせ

産業振興部農業水産課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1306

ファックス:0766-20-1476