ホーム > 市政情報 > 国際交流 > 令和2年度高岡市多文化共生日本語普及事業

ここから本文です。

更新日:2021年3月2日

令和2年度高岡市多文化共生日本語普及事業

日本で暮らす外国人には、生活を送る中で日本語の会話や読み書きに苦労する人がいます。
本市で暮らし、「日本語を学びたい」と願っている外国籍市民に日本語を学ぶ機会を提供するため、「くらしの日本語普及事業」を実施しました。

日本語支援ボランティア養成講座・・・日本語支援ボランティアを育成します。
外国人のための日本語教室・・・外国人が生活に必要な日本語を学びます。
日本語支援ボランティア ブラッシュアップ研修・・・日本語支援ボランティアの知識を向上します。
地域交流サロン・・・地域に住む日本人と外国籍市民が交流します。

 

令和元年度の事業はこちらをご覧ください。

日本語支援ボランティア養成講座 

日本語支援ボランティア講座は、日本語を学ぼうとする外国籍市民への支援や、本市が開催する日本語教室での学習サポートを行う人材を養成するための講座です。令和2年度は11人が受講しました。

日本語支援ボランティア養成講座のご案内チラシ(PDF:240KB)

R2volunteer1 R2volunteer2

 

外国人のためのにほんご・くらす 

外国籍市民のための日本語教室です。対象は、外国籍市民や外国にルーツを持つ方などです。参加者は、サポーターと一緒に会話しながら、日本で暮らしていくのに役立つ日本語を学びました。令和2年度は「外国人のためのNihongo Class」を14回開催しました。市役所の職員に防災の出前講座をしてもらったり、大雪のため本市としては初めてZoomでの教室も行いました。

R2class1 R2class2
R2class3 R2class4

 

ページの先頭へ戻る

日本語支援ボランティア ブラッシュアップ研修 

日本語支援ボランティアの方の知識の向上を目指すため、これまで本市で養成講座を受講した方を対象に、日本語支援ボランティア ブラッシュアップ研修を3回行いました。新型コロナウイルス感染症対策として、Zoomでの受講を可能とした回もありました。

R2up1 R2up2
R2up3 R2up4

 

ページの先頭へ戻る

地域交流サロン 

地域交流サロンは、地域に住むに日本人と外国人が、国籍や文化に関係なく、いっしょに日本語でコミュニケーションをすることで、外国籍市民が日本語を学び、地域にとけこむことを目指すものです。令和2年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で開催できませんでした。引き続き、地域での交流を支援していきます。

写真は令和元年度の交流の様子です。

R1nomura2

野村地域交流サロンの様子

R1seibi1

成美地域交流サロンの様子

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生活環境文化部共創まちづくり課 担当名:多文化共生室

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1236

ファックス:0766-20-1641