ホーム > 暮らし > 消費生活 > 広報・啓発 > くらしの豆知識

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

くらしの豆知識

市消費生活センターに寄せられる相談や最近の消費生活情報の中から、トラブルにならないためのプチ情報「くらしの豆知識」をご紹介します。

今月のくらしの豆知識(2019年10月)

「相談に乗るとお金がもらえる」サイトに注意!

困っている人スマートフォンを見ていたら「悩みがある人の相談に乗るとお金がもらえる」というサイトの広告があり、登録した。メールのやり取りにはポイントを購入する必要があり、何回もクレジットカードでポイントを購入した。お金がもらえていない、返金してほしい。

見知らぬ人から、簡単なやり取りだけでお金がもらえるということは、絶対ありません。
メールの相手はサイトが雇った「サクラ」である可能性があります。謝礼金等をもらう条件として、ポイント購入等でお金の支払いを要求されます。お金を支払ってしまうと取り戻すことは非常に困難です。

これまでの豆知識

2019年9月の豆知識

固定電話が使えなくなる?IP網の移行に便乗した勧誘に注意!電話機

大手通信会社を名乗り、「2020年以降アナログ回線が廃止される。今の電話が使えなくなるので光回線に切り替えないか」と電話が来た。この会社の言っていることは本当なのか。

NTT西日本は2024年以降、固定電話のIP網への移行に伴い電話会社内の設備の切り替えを予定しています。この設備切り替えに便乗し、固定電話や固定電話の番号が使えなくなるといった勧誘文句で営業する業者に注意しましょう。
よくわからなければ、その場で返事はせずに家族や周囲の人に相談しましょう。

2019年8月の豆知識(市民と市政8月号に掲載)

ネット閲覧中に突然表示される偽セキュリティ警告画面に注意!

コンピュータウィルスパソコンでサイトの閲覧をしていたら、突然「ウィルスに感染した」と警告が表示された。慌てて表示された連絡先に電話をしたら、有料のウィルス対策ソフトをインストールさせられた。クレジットカード決済をしてしまったが、解約したい。

通信販売の場合、解約等は業者の規約に従うことになるので、規約等の内容確認をし、クレジットカード会社に請求の停止等について相談してみましょう。この手口は偽の情報で利用者の不安をあおり、ウィルス対策ソフト等の契約をさせ、料金を請求することが目的なので、画面上に表示された連絡先に電話をしてはいけません。普段から信頼できるセキュリティソフトをインストールするなど予防対策をしておきましょう。

2019年7月の豆知識

聞かれるまま答えただけ。でも、いつの間にか電気の切り替え契約に。

困る人の画像知らない業者から、「今よりも電気料金が安くなる。電気料金の明細を教えてほしい。」と電話があった。よく分からず言われるまま検針票に書かれている番号などを伝えると、後日封書が届いた。数日後、「書類は届いているか」と電話があった。その時初めて、封書は契約完了の手続きに関する書類であり、先日の電話で契約の申し込みをしたことになっていた事が分かった。

電力会社等から電話を受けた際は、事業者名や内容をよく確認し、必要なければきっぱり断りましょう。検針票の記載情報を伝えたところ、勝手に別の会社への切り替え手続きをされていたケースもあります。安易に検針票の記載情報は伝えないようにしましょう

2019年6月の豆知識(市民と市政6月号に掲載)

「簡単にもうかる!」信用して大丈夫?情報商材イラスト

インターネットで、「簡単に高額収入を得られる」という広告を見て連絡したら、収入を得るためのノウハウを教える高額な情報商材を勧められた。もうかることを見越してクレジットカード決済したが、説明とは違い儲からない。解約を拒否され、返金に応じてもらえず、クレジットカードの返済もできない。

情報商材とは、副業や投資、ギャンブルなどで高額収入を得るためのノウハウなどと称して販売される情報のことです。インターネットの通信販売など、電子媒体で取引されることが多く、契約前に中身を確かめることができません。原則、解約などは規約に従うことになるので、納得してから契約しましょう。
簡単に高額収入を得られる話はなかなかありません。クレジットカードでの高額決済や借金をしてまでの契約はしない方が良でしょう。

2019年5月の豆知識(市民と市政5月号に掲載)

お得な回数券は使えなくなるリスクも考えて購入しよう銭湯

温泉施設で、10回分の代金で1枚分お得になると言われ、11枚綴りの回数券を購入した。まだ2枚しか使用していないのに温泉施設が倒産した。未使用の券が残っている。電話をかけたが繋がらない。

「格安になる」「特典が付く」等でお得感のある回数券ですが、未使用でも払い戻しされない場合があります。回数券の利用方法・払い戻し等については各事業者が定めた約款等に従ことになります。
事業者が倒産した場合でも、払い戻しができるとは限りません。購入する前にしっかり確認しましょう。

2019年4月の豆知識(市民と市政4月号に掲載)

「暮らしのレスキューサービス」でのトラブルに注意

広告で見た業者に、蛇口の水漏れ修理を頼もうと思うのだが、注意点等はあるか。水漏れの画像

トイレ修理、水漏れ修理、鍵の修理、害虫の駆除等、日常生活でのトラブルに事業者が対処する「暮らしのレスキューサービス」は、専門的な技術や知識がない消費者が困ったとき助けになる一方、料金や作業内容等で事業者とトラブルになったという事例があります。
契約する場合は複数社から見積もりを取り、サービス内容や料金について十分に説明を受け、納得してからにしましょう。

2019年2月の豆知識(市民と市政2月号に掲載)

ポイントカードなどの申し込みにはご注意を

ポイントカード店舗で買い物をした際、ポイントカードを作るよう勧められた。高齢なので申込書の記入が難しいと断ったが、店員から「代わりに記入する」と言われ、断り切れず申し込んだ。数日後、クレジット会社から電話があり、クレジット機能がついたものだと分かった。解約できるか。

クレジット機能付きのポイントカードは、特典が優遇される反面、年会費が発生したり、決済機能があるため保管などに注意が必要になったりする場合があります。カードの解約はできますが、申し込む前に内容をよく確認し、不要ならきっぱり断りましょう。

 

お問い合わせ

市民生活部共創まちづくり課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1327

ファックス:0766-20-1641

 担当名:高岡市消費生活センター

電話番号:0766-20-1552