ホーム > 暮らし > 消費生活 > 広報・啓発 > くらしの豆知識

ここから本文です。

更新日:2019年5月1日

くらしの豆知識

市消費生活センターに寄せられる相談や最近の消費生活情報の中から、トラブルにならないためのプチ情報「くらしの豆知識」をご紹介します。

今月のくらしの豆知識(2019年5月)

お得な回数券は使えなくなるリスクも考えて購入しよう

銭湯温泉施設で、10回分の代金で1枚分お得になると言われ、11枚綴りの回数券を購入した。まだ2枚しか使用していないのに温泉施設が倒産した。未使用の券が残っている。電話をかけたが繋がらない。

「格安になる」「特典が付く」等でお得感のある回数券ですが、未使用でも払い戻しされない場合があります。回数券の利用方法・払い戻し等については各事業者が定めた約款等に従うことになります。
事業者が倒産した場合でも、払い戻しができるとは限りません。購入する前にしっかり確認しましょう。

これまでの豆知識

2019年4月の豆知識(市民と市政4月号に掲載)

「暮らしのレスキューサービス」でのトラブルに注意

広告で見た業者に、蛇口の水漏れ修理を頼もうと思うのだが、注意点等はあるか。水漏れの画像

トイレ修理、水漏れ修理、鍵の修理、害虫の駆除等、日常生活でのトラブルに事業者が対処する「暮らしのレスキューサービス」は、専門的な技術や知識がない消費者が困ったとき助けになる一方、料金や作業内容等で事業者とトラブルになったという事例があります。
契約する場合は複数社から見積もりを取り、サービス内容や料金について十分に説明を受け、納得してからにしましょう。

2019年2月の豆知識(市民と市政2月号に掲載)

ポイントカードなどの申し込みにはご注意を

ポイントカード店舗で買い物をした際、ポイントカードを作るよう勧められた。高齢なので申込書の記入が難しいと断ったが、店員から「代わりに記入する」と言われ、断り切れず申し込んだ。数日後、クレジット会社から電話があり、クレジット機能がついたものだと分かった。解約できるか。

クレジット機能付きのポイントカードは、特典が優遇される反面、年会費が発生したり、決済機能があるため保管などに注意が必要になったりする場合があります。カードの解約はできますが、申し込む前に内容をよく確認し、不要ならきっぱり断りましょう。

 

お問い合わせ

市民生活部共創まちづくり課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1327

ファックス:0766-20-1641

 担当名:高岡市消費生活センター

電話番号:0766-20-1552