ホーム > 暮らし > 消費生活 > 広報・啓発 > クーリング・オフについて

ここから本文です。

更新日:2019年3月15日

クーリング・オフについて

クーリング・オフについて

契約してしまったが、解約したい・・・。そんなときにはクーリング・オフ制度があり、無条件で解約できる場合があります。

クーリング・オフの期間

訪問販売、電話勧誘販売、(注)特定継続的役務提供契約・・・・書面を受け取った日から8日以内
連鎖販売取引(マルチ商法)、業務提供誘引販売取引(内職・モニター商法)・・・・書面を受け取った日から20日以内
海外先物取引・・・・14日以内

クーリング・オフするときの注意点

電話や口頭ではなく、必ず書面で出すこと。
内容証明郵便にするか、ハガキ(特定記録郵便)で出す場合はコピーを取っておく。
クレジット払いの場合はクレジット会社にも出しておく。

訪問販売・電話勧誘販売でもクーリング・オフが出来ない場合があります。
原則として、化粧品、健康食品など、消耗品を使用した場合。
3,000円未満の現金取引は、クーリング・オフ出来ません。
乗用自動車は指定商品ですがクーリング・オフは出来ません。

(注)特定継続的役務提供契約とは

エステティック、語学教室、学習塾、家庭教師、パソコン教室、結婚相手紹介サービスです。
店舗でした契約でもクーリング・オフが可能で、クーリング・オフ期間を過ぎた場合も自由に中途解約が出来ます。
しかし、中途解約する場合は既に受けたサービスの代金及び解約損料を支払わなければなりません。(解約損料は上限が定められています。)
契約に必要として購入した関連商品も中途解約することが出来ます。

 

  • くらしの情報へ戻る

 

お問い合わせ

市民生活部共創まちづくり課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1522

ファックス:0766-20-1641