ホーム > 暮らし > 人権 > 新型コロナウイルス感染症に関する人権について

ここから本文です。

更新日:2020年8月13日

新型コロナウイルス感染症に関する人権について

~新型コロナウイルスに関連する偏見や誤解に基づく差別を防ぎましょう~

市民の皆様へ

新型コロナウイルスの感染者が7月以降毎日のように確認されていることを受け、県知事が8月11日に新型コロナウイルス感染症拡大警報(富山アラート)を発出しました。

こうした中、感染した人やその家族、医療機関の関係者、そして県外在住者、特定の国の人に対する誹謗中傷や根拠のない差別的な書き込み等がSNS等で見られます。

誤った情報や不確かな情報に基づいて不当な差別、いじめ等をするなどの人権侵害はあってはならないことです。

誤った情報や不確かな情報に惑わされて人権侵害につながる行為をすることがないよう、国や県、市が発表する正しい情報に基づいて、人権に配慮した適切な行動をお願いします。

新型コロナウィルス感染症に関する情報

新型コロナウイルス感染症についての正しい知識や情報を積極的に入手し、正しい判断や行動を心がけましょう。

人権侵害を受けた時の相談窓口

法務省の人権擁護機関において、新型コロナウイルス感染症に関係した不当な差別やいじめ等の人権問題について相談を受け付けています。

 

 

お問い合わせ

市民生活部共創まちづくり課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1327

ファックス:0766-20-1641