ここから本文です。

更新日:2021年11月27日

顕彰会事業の紹介

高峰譲吉博士生誕祭

毎年、生誕日の11月3日に生家跡地の高峰公園で生誕祭を開催しています。博士の胸像に出席者が献花を行い、地元の小学生が室崎琴月作曲の「高峰博士を讃える歌」を合唱しています。

生誕祭

高峰科学賞

学校や日常生活において、科学活動に継続的な努力が見られる市内の小・中・義務教育・特別支援学校の児童生徒または団体を表彰しています。生誕祭の日に表彰式を行っています。

令和3年度は、小学生4人、中学生1団体が受賞しました。

移動資料展

平成10年度より小・中学校の学習発表会・学校祭に合わせ、移動資料展を開催しています。

令和3年度は10月16日に伏木中学校、11月12日に中田小学校で開催し、タカジアスターゼの瓶など高峰博士ゆかりの品や、高峰博士の功績をまとめた解説パネルを展示しました。

高峰譲吉博士フォーラム(令和3年度)

同時代を生きた郷土の偉人~高峰譲吉と浅野総一郎~(チラシ(PDF:454KB))

郷土の偉人である高峰譲吉博士は、化学者として地道な研究を続け、食物を消化する酵素「タカヂアスターゼ」の発明と副腎髄質ホルモン「アドレナリン」の抽出に成功し事業化につなげるなど多くの功績を残しました。これらの功績を広く知っていただくため、令和2年3月には、高峰博士ゆかりの「松楓殿」の「松楓の間」を高岡商工ビルに再現し、松楓殿に残されていた調度品とともに展示しています。

今回、高峰博士と同時代に生きた偉人である氷見出身の浅野総一郎翁を取り上げ、浅野総一郎翁で氷見を盛り上げる実行委員会と連携し、フォーラムを開催しました。

 

日時 令和3年11月27日 (土曜日)14時~16時

場所 高岡商工ビル2階大ホール(高岡市丸の内1-40)

内容 オープニングスピーチ NPO法人高峰譲吉博士研究会理事長 清水 昌

        講演1 高峰譲吉博士が残した黒部川電源開発事業 宇奈月温泉旅館協同組合理事長 濱田 政利

        講演2 浅野総一郎翁と電源開発 長井 勉(浅野学園卒業生)

参加申込(無料)

住所・氏名・電話番号をEメールまたはFAXで教育総務課までお知らせください。(Eメール:ksomu@city.takaoka.lg.jp FAX:0766-20-1667)

主催 高岡市教育委員会・高峰譲吉博士顕彰会・NPO法人高峰譲吉博士研究会・浅野総一郎翁で氷見を盛り上げる実行委員会

共催 高岡商工会議所

※新型コロナウイルスの感染状況によりフォーラムを中止する場合があります。

高峰譲吉博士所蔵品特別展示会記念フォーラム(令和2年度)

松楓殿ゆかりの工芸品・調度品の数々を披露する高峰譲吉博士所蔵品特別展示会(高岡商工会議所主催)に合わせて、高峰譲吉博士に造形の深い有識者の基調講演及びパネルディスカッションを実施しました。

日時 令和2年12月12日(土曜日)13時30分~16時00分

場所 御旅屋セリオ5階ホール

基調講演 1 「バイオテクノロジーの父 高峰譲吉」~タカヂアスターゼとアドレナリン~ 

         京都大学博士(農学) 島田 良美 氏

        2 「黒部川の電源開発とアルミ産業」 

                   宇奈月温泉自治振興会会長 河田 稔 氏

               3 「日米親善や文化交流に貢献した国際人としての高峰譲吉博士」

                    NPO法人高峰譲吉博士研究会理事長 清水 昌 氏

パネルディスカッション 「郷土の偉人高峰譲吉」~今こそ高峰譲吉博士だ~

司会進行 高岡市教育委員会教育長 米谷 和也

パネリスト 清水 昌 氏、島田 良美 氏、河田 稔 氏

forum

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会教育総務課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1443

ファックス:0766-20-1667