ここから本文です。

更新日:2019年12月10日

高岡市荻布奨学金

高岡市荻布奨学金は、高岡信用金庫理事長に就任されていた故荻布宗太郎氏の遺志を受け、経済的理由により修学困難な者に対する奨学金として、昭和38年度に創設された高岡市の基金です。創設時から高岡信用金庫の賛助もあって、これまで延1,600人を超える奨学生に対して支援を行い、高岡市の人材育成に役立っています。

募集対象

次の2つの条件を満たす人

  1. 来年度に高校・高等専門学校に進学を希望している人
    または現在それらに在学している人で、経済的理由により修学が困難な人
  2. 本人または父母などの家族が、市内に住む人

奨学金支給額

(H31年4月1日現在)

月額8,000円

申込み時期

年1回12月頃

募集人数

若干名

※高岡市荻布奨学金は、高校生等奨学給付金など他の奨学金との併給はできません。荻布奨学金の受給後に他の奨学金を受けるようになった場合は、重複分を返還していただきます。

高校生等奨学給付金・・・平成26年度から始まった都道府県の制度(富山県では、「国公立高等学校奨学のための給付金」及び「私立高等学校等奨学給付金」)。高等学校等に通う低所得者世帯(市民税が非課税の世帯)を対象に、授業料以外の教育費を支援するため、世帯構成等に応じて奨学給付金を支給する制度。

申込みについて(令和2年度新規奨学生)

提出先:高岡市教育委員会教育総務課(〒933-8601高岡市広小路7番50号・高岡市役所5階)

提出期限:令和元年12月20日(金曜日)まで〔当日消印有効〕

提出書類

在学校長を経由して、下記の必要書類を提出してください。
必要書類の様式は、在学されている学校又は高岡市教育委員会教育総務課で配付しています。

    1.  高岡市荻布奨学金支給申請書(様式第1号)

    2.  学校長の推薦書(様式第2号)

    3.  家庭状況調査書(様式第3号)

    4.  住民票謄本

    5.  平成31年(令和元年)度所得・課税証明書(平成30年分の所得が分かるもの)

    ※家族で所得のある方全員分が必要です。

    ※所得がない場合は、非課税証明書を提出してください。

    6.  源泉徴収票または確定申告書の写し(所得のある方のみ)

      給与所得のある方・・・・平成30年分源泉徴収票

           営業所得等のある方・・・平成30年分確定申告書の写し、収支内訳書等
       ※家族で所得がある方全員分が必要です。

※課税証明書・非課税証明書は、高岡市役所2階市民税課及び福岡庁舎(福岡総合行政センター)1階市民生活課、伏木・戸出・中田支所で発行しています。
※平成31年1月から所得に大きな変動があった場合は、平成31年(令和元年)分源泉徴収票、確定申告書の写し等も一緒に提出してください。源泉徴収票、確定申告書については、その旨ご連絡いただければ、後日提出でも差し支えありません。

選考の方法

奨学生選考基準に基づいて、高岡市荻布奨学金支給審査委員会が審議を行います。

お問い合わせ

教育委員会教育総務課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1443

ファックス:0766-20-1667