ホーム > 暮らし > 公共交通・駐車場 > 交通政策 > 並行在来線利用促進 > 並行在来線に対する市の取組み

ここから本文です。

更新日:2018年3月17日

並行在来線に対する市の取組み

新駅設置可能性調査(H24年度)

富山県において、平成23年度に「新駅設置可能性調査」が実施され、市内の西高岡-高岡間について収支採算性の面から有望な候補地の一つと評価されました。
本市では、並行在来線への新駅設置は並行在来線会社のみならず本市のまちづくりの観点からも評価することが必要であるとの認識のもと、平成24年度に、県が行った調査結果を最新データと本市独自の視点に基づき再評価する調査を行いました。その結果、新規の乗車見込や今後のまちづくりへの期待面などから、「西高岡-高岡間」の新駅設置は妥当であるとの検証結果を出しています。

高岡市あいの風とやま鉄道地域公共交通網形成計画の策定(H26年度)

本市において、あいの風とやま鉄道が担う役割は、北陸新幹線の開業とともに大きく変化します。新幹線開業効果を最大化し、地域全体の振興を図るためには、新幹線新高岡駅と最も重要なアクセスポイントとなる高岡駅と、市内の人口集積度が高い地域を沿線に有するあいの風とやま鉄道が、地域を支える骨格路線としての役割を担い、将来に渡って持続するための環境の整備が必要となります。

このため、高岡市では、あいの風とやま鉄道の地域の骨格路線としての役割を強化するための施策と、鉄道に接続する市内公共交通全体の利便性向上を通じて、市内全域の公共交通ネットワークの充実を図ることを目的に、平成27年3月に「高岡市あいの風とやま鉄道地域公共交通網形成計画」を策定しました。

この計画の中には、高岡駅-西高岡駅間の新駅設置も位置付けられています。

高岡-西高岡駅間の新駅 高岡やぶなみ駅の整備(H27年度~H29年度)

あいの風とやま鉄道株式会社において、高岡-西高岡駅間で新駅(高岡やぶなみ駅)の整備が行われ、高岡市においても、駅整備に対する支援のほか、駅前広場の整備、駅の東西を結ぶ自由通路の整備など、駅の開業に合わせたまちづくりに取り組みました。 高岡やぶなみ駅

 (駅の整備に関する経過)

  • 平成27年度  駅の詳細設計
  • 平成28年度  駅舎の整備開始 、駅名称が決定
  • 平成30年3月17日  高岡やぶなみ駅開業

お問い合わせ

市長政策部総合交通課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1139

ファックス:0766-20-1414

都市創造部道路整備課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-30-7280

ファックス:0766-30-7284