ここから本文です。

更新日:2021年7月13日

理学療法

rigaku2運動の遅れや障がいのあるお子さんに対して、理学療法士が基本的な運動能力(寝返る、座る、はう、立つ、歩く等)や応用運動能力(段差を乗り越える、階段昇降、ジャンプ等)の獲得ができるよう指導します。

また状況に応じて歩行器や車いすの使用についての指導も行ないます。

ご家族には、お子さんの発達年齢や障がいの状況に合わせて、運動発達を促すような関わり方や、活動時及び安静時の姿勢の取り方、介助の仕方など、家庭で応用や実践ができるよう支援を行います。車いすhokouki

また必要な補装具や車いす作成のための検討や調整、業者の紹介等も行ないます。

お問い合わせ

福祉保健部きずな子ども発達支援センター

富山県高岡市江尻279

電話番号:0766-21-3615

ファックス:0766-27-7080