ホーム > 暮らし > 移住・定住 > 【高岡市地域おこし協力隊】地域おこし協力隊(伝統工芸産業の担い手)を募集します

ここから本文です。

更新日:2022年5月30日

【高岡市地域おこし協力隊】地域おこし協力隊(伝統工芸産業の担い手)を募集します

高岡市は、本州のほぼ中央で日本海に面する富山県の北西部に位置し、深緑と清らかな水に包まれたとても自然豊かな地域です。古くは奈良、万葉の時代から、その風光明媚な景勝地は多くの方々に愛でられており、また、400年余りの歴史を持つ伝統工芸技術や祭礼、歴史的建造物が数多く継承されています。

高岡の銅器・漆器産業の起こりは、今から約400年前、加賀藩二代藩主、前田利長公が高岡に入城し、鋳物工場の開設、綿取引所の許可など、新しいまちづくりのための産業振興に力を注ぎ、保護育成を図ったことに始まります。古くから育まれた高岡の産業は、その後、全国に誇りうる地場産業として目ざましい成長を遂げ、そこから発展した伝統的技法等は、商工都市高岡の原動力となっています。しかしながら、この貴重な伝統的技法は、生活様式の変化等による伝統工芸産品の売り上げ低迷により、事業者、従事者が減少し、その事業・技術の継承が大きな課題となっています。

伝統工芸に関心があり、さらにはその産業に従事する希望を持つ方に、地場産業の担い手となっていただくため、新たな視点で伝統産業を捉え、関係者、団体とともに伝統産業の持続化と活性化に取り組んでいただける意欲溢れる地域おこし協力隊を募集します。

募集職種

地域おこし協力隊(伝統工芸産業の担い手)

業務内容等

(1)活動拠点

高岡市デザイン・工芸センター等

(2)活動内容

銅器、漆器等の伝統工芸産業の振興に資する事業

伝統工芸産業人材養成スクールの受講による工芸技術の習得

新たな視点による資源や魅力発掘、情報発信

工芸都市高岡クラフトコンペティションへの運営協力

高岡伝統産業青年会との連携や伝統工芸イベント等への参画

応募資格

下記の(1)~(7)のすべての条件を満たす方

(1)心身ともに健康で、伝統工芸及び関係地域の活性化に意欲と情熱があり、積極的に活動できる方

(2)令和4年4月1日時点で、満年齢が20歳以上40歳以下の方

(3)  応募時点で、転出地が三大都市圏※1または三大都市圏外の政令指定都市※2であって、条件不利区域※3以外に在住している方で、採用後に本市へ生活拠点を移し、住民票を異動させることができる方

(家族での移住も可能です)

※1三大都市圏:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県

※2三大都市圏外の政令指定都市:札幌市、仙台市、新潟市、静岡市、浜松市、広島市、岡山市、北九州市、福岡市、熊本市

※3「条件不利区域」とは次のA~Gのいずれかの対象地域・指定地域のことをいいます。

      A.過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法、

      B.山村振興法、C.離島振興法、D.半島振興法、

      E.奄美群島振興開発特別措置法、F.小笠原諸島振興開発特別措置法、

      G.沖縄振興特別措置法

(4)高卒以上で一定程度の社会(就業)経験をお持ちの方

(5)最長で3年間の活動期間終了後も、高岡市に定住し、伝統工芸産業界に就業しようとする意欲を持っている方

(6)普通自動車運転免許を取得している方

(7)パソコン(ワード、エクセル、メール送受信等)の一般的な操作ができる方

業務形態

市と業務委託契約を締結して、活動していただきます。

※社会保険料等は個人負担となります。

※業務に支障がない範囲で副業を行うことが可能です。

業務期間

令和4年8月1日~令和5年3月31日(業務開始日は、応相談)

※活動意欲及び実績等により、活動期間を最長3年まで延長します。

業務条件

(1)委託料

委託料の額は233,000円/月を上限に支給します。

(2)業務日数等

活動日数は、月20日を目安とします。

活動時間は8時30分~17時15分(休憩時間1時間)を基本としますが、業務内容により異なります 。(夜間、休日(月、土もしくは日)等の業務も業務時間として調整します。)

(3)待遇等

住居家賃は、市が補助します。(上限50,000円/月)

※ただし、転居や生活に係る費用、光熱水費及び通信費等は個人負担となります。

地域おこし活動に係る経費(パソコン通信費、車両の賃借料、車両燃料費、研修費、旅費、その他活動に必要と認められる経費等)については、地域おこし協力隊活動費補助金で必要に応じて、予算の範囲内で助成します。

選考方法

(1)応募方法

高岡市地域おこし協力隊応募用紙(高岡市地域おこし協力隊設置要綱様式第1号)及び住民票(令和4年4月1日以降発行のもの)を高岡市企画課へ郵送又は持参してください。

(2)募集期間

令和4年6月1日(水)~令和4年6月30日(木)17:15(必着)

(3)選考

一次書類選考、および二次面接による審査を行います。なお、地域の支援、振興活動に関する経験の有無に関わらず、趣旨・目的への関心や意欲が高い方を優先し、選考を行います。

(※ご提供いただいた個人情報については、地域おこし協力隊の選考以外の目的では利用いたしません。)

【一次審査(書類選考)】

審査の結果を応募者全員に文書で通知します。

【二次審査(面接による審査)】

高岡市内を会場に面接による審査を行います。(新型コロナウイルス感染症防止対策のため、オンライン面接となる場合があります。)

日時、会場等の詳細については、一次選考の通知の際にお知らせします。

面接会場への移動にかかる経費は応募者負担となります。公共交通機関利用の場合は、富山県の助成制度を活用することもできます。

(「とやま移住支援交通費助成制度」補助率1/2、上限1万円)

二次審査の結果は、後日文書で通知します。

募集要領・募集用紙

募集要領(伝統工芸産業の担い手)(PDF:847KB)

高岡市地域おこし協力隊応募用紙(様式第1号)(ワード:60KB)


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

未来政策部企画課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1101

ファックス:0766-20-1670