ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種 > 新型コロナワクチン接種証明書発行手続きについて

ここから本文です。

更新日:2021年12月20日

新型コロナワクチン接種証明書発行手続きについて

令和3年7月より申請を受け付けている新型コロナウイルス感染症予防接種証明書については、12月20日にデジタル化され、スマートフォン上で専用アプリから二次元コード付きの証明書を取得し、表示できるようになります。これにより、接種証明書の取得が容易になり、海外渡航等に限らず、国内での利用ができるようになります。

※なお、日本国内では、引き続き接種済証や接種記録書にて、接種の事実を証明することができますので、接種証明書は必要ありません。

接種証明書(電子版)の申請にはスマートフォンとマイナンバーカードが必要となります。

マイナンバーカードは、申請から交付まで約1か月かかりますので、接種証明書(電子版)の取得を検討している方は、早めにマイナンバーカードの申請をお願いします。

ワクチン接種後に発行される「接種済証」や「接種記録書」等をお持ちの方へ

ワクチン接種後に会場で発行される「接種済証」、「接種記録書」や、これまでに発行された従来の「接種証明書」が無効になるわけではありません。引き続き接種した証明としてご利用いただけます。

 

接種証明書(電子版)の取得方法

1.スマートフォン(iOS13.7以上もしくはAndroid OS8.0以上)にアプリをインストールする。

スマートフォン上で専用アプリをインストールし、アプリの手順に従って申請・取得してください。アプリは、App Store(iOS)またはGoogle Play(Android)でインストールできます(アプリは12月20日に公開されます)。

2.マイナンバーカードを読み取る。

マイナンバーカードを受け取った際に設定した暗証番号(4桁の数字)が必要になります。

3.海外用を希望する場合はパスポートを読み取る。

詳しい操作方法は「接種証明書をスマートフォンアプリで発行できます」(PDF:1,350KB)をご参照ください。