ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 管理栄養士がすすめる野菜たっぷりメニュー

ここから本文です。

更新日:2018年11月26日

 

管理栄養士がすすめる野菜たっぷりメニュー

1

                                                           07

1.さばのそぼろ丼

2

 ★栄養価はさば缶であっても、普通のさばと比べて大きな差はありません。

   さば缶は必須アミノ酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)を摂取できるのに加えて、

   軟らくなった骨ごと食べることができるのでカルシウムも摂取することができます。

2.煮びたし

 3

 ★かぼちゃは抗酸化作用があるβ―カロテン、ビタミンC、ビタミンEがそろっています。

    β―カロテンとビタミンEは油と一緒に摂ることで吸収率が高まります。

 ★大根には3つの酵素が含まれています。

   (1)アミラーゼ・・・炭水化物のでんぷんや、グルコースを分解。胃腸薬にも含まれている成分です。

   (2)プロテアーゼ・・・たんぱく質を分解。身体の免疫力の強化や細胞の再生に関わります。

   (3)リパーゼ・・・脂肪を分解。脂肪をエネルギーへ変換します。

3.もずくのみそ汁

 6

 ★もずくに含まれるフコイダンは、水溶性食物繊維の一種です。

    水溶性食物繊維は水分を含むと余分なコレステロールなどの脂質などを吸着し、排出する働きがあります。

    また、善玉菌のエサとなり、腸の働きを活性化し、腸のお掃除をする効果もあります。

4.甘酒ももラッシー

4

 ★甘酒にはブドウ糖、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖などが含まれています。

    点滴と含まれる成分がほぼ同じなので、「飲む点滴」とも呼ばれています。 

今日の献立の合計

5

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課

富山県高岡市本丸町7-25

電話番号:0766-20-1345

ファックス:0766-20-1347