ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 管理栄養士がすすめる野菜たっぷりメニュー

ここから本文です。

更新日:2019年9月24日

管理栄養士がすすめる野菜たっぷりメニュー

題 

                                                写真 

1.鶏肉と絹さやの卵とじ

 主食

 ★卵は食物繊維とビタミンC以外のすべての栄養素を含んでいる食品です。

  卵の成分で注目したいのが「コリン」と呼ばれる成分で、脳の活性化、中性脂肪やコレステロール量の調節、

  高血圧予防、新陳代謝促進などの効果があり、アルツハイマー病や生活習慣病の予防が期待できます。

2.ごま酢和え

 副菜

 ★もやしはビタミンC、食物繊維、カリウム、うまみ成分でもあるアスパラギン酸が豊富で、免疫力アップ、

  便秘の予防、疲労回復などの効果があります。

 ★酢には抗菌作用があるため、腸内の悪玉菌を減らす作用があります。

  また、酢の酸味には気分を爽やかにして食欲を増進させる効果や、唾液の量を増やして消化吸収を助ける

  効果があります。

3.豆腐のスープ煮

 副菜2

 ★きくらげはカルシウムの吸収を助けるビタミンDや食物繊維を豊富に含んでおり、骨を丈夫にしたり、

  生活習慣病予防に効果があります。また、きくらげのように歯ごたえがある食材を食べることで、

  噛む回数が増え、脳神経が刺激され、脳の働きが活発になります。

4.梅ヨーグルト

 ずんだ

 ★ヨーグルトに豊富に含まれているカルシウムは、日本人に不足しがちな栄養素です。

  カルシウムには歯や骨を頑丈にする他、筋肉の働きをなめらかにする、イライラを鎮め、

  精神を落ち着かせるなどの効果があります。

今日の献立の合計(ごはん150gを含む)

 合計

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課

富山県高岡市本丸町7-25

電話番号:0766-20-1345

ファックス:0766-20-1347