ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 流行疾患 > 新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2022年5月10日

新型コロナウイルス感染症について

市民の皆様へ

風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
風邪症状があれば、直ちに外出・出勤は控えていただくよう、お願いします。

集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

コロナウイルスがついた手で口等を触ると感染するリスクが高まります。外出先から帰宅したときや調理の前後、食事の前など、こまめに手を洗いましょう。

また、普段から十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めましょう。

受診・相談方法について

発熱等の症状がある方は、まずはかかりつけ医等の地域で身近な医療機関に電話でご相談ください。相談する医療機関に迷う場合は、受診・相談センターにご相談ください。

受診のながれ

【相談後、医療機関にかかるときのお願い】

〇受診・相談センターに案内された医療機関を受診する際も、必ず医療機関に事前に電話で連絡してください。

〇医療機関を受診する際には医療機関の指示に従いましょう。また、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

相談窓口

「受診・相談センター」

TEL:076-444-4691(24時間対応)

富山県(発熱等の症状がある場合の受診・相談方法について(受診・相談センターの電話番号変更))(外部サイトへリンク)

啓発資料

一般的な感染症対策について(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

3つの密を避けましょう(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

後遺症について

新型コロナウイルス感染症にかかった後、感染性がなくなったにもかかわらず、療養中にみられた症状が続いたり、新たに症状が出現したりするなど、後遺症として様々な症状がみられる場合があります。
後遺症に関する症状の実態については、様々な研究がなされていますが、未だ不明点が多く、それぞれの症状と新型コロナウイルス感染症との因果関係は分かっていません。

後遺症の主な症状として、倦怠感、関節痛、息切れ、集中力低下、不眠、嗅覚障害、味覚障害などが報告されており、退院時までにこれらの症状が出現した患者の3割以上で診断6か月後にもこれらの症状が認められています。

新型コロナウイルス感染症の後遺症の症状が疑われる場合は、お一人で悩まず、まずはかかりつけ医や新型コロナウイルス感染症罹患時に受診した医療機関に相談してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課

富山県高岡市本丸町7-25

電話番号:0766-20-1345

ファックス:0766-20-1347