ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 流行疾患 > 自宅療養に備えた準備について(新型コロナウイルス感染症)

ここから本文です。

更新日:2022年8月26日

自宅療養に備えた準備について(新型コロナウイルス感染症)

自宅療養に備えて

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大し、誰もが新型コロナウイルス感染症に感染する可能性があります。

新型コロナウイルス感染症と診断され、自宅療養となったときは、外出を避ける必要があります。

そうなった場合に備え、食料品や日用品そのほか生活に必要な物資の備蓄を行いましょう。

濃厚接触者になったときは、不要不急の外出を避けることが推奨されていますが、食料品やトイレットペーパーなど、生活に必要なものを買うために外出することは、不要不急の外出には当たりません。

食料品の買い出しなどやむを得ない外出をするときは、マスクの着用と手指消毒を徹底し、人との接触を避け、公共交通機関の利用は避けるようにしてください。

 

1.自宅療養期間について

発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した期間が自宅療養期間となります。

濃厚接触者については、感染者と接触のあった日を0日として翌日から5日間は外出を自粛する必要があります。ただし、2日目および3日目に抗原定性検査キット(厚生労働省の薬事承認を得たもの(外部サイトへリンク))を用いた検査結果が陰性であれば3日目から解除を可能としています。

 

2.服用中の薬について

服用中のお薬がある場合は、2週間程度ご用意ください。

自宅療養中にお薬が不足することがないように準備してください。

もし、なくなりそうな場合は、かかりつけ医へ電話にて相談の上、お薬の処方を受けるなどしましょう。

 

3.備えておきたいもの

食料品の例

  • 主食(お米やうどん、シリアルなど食べやすいもの)
  • レトルト食品、インスタント食品
  • 冷凍食品
  • ゼリー状栄養補助食品
  • 経口補水液
  • スポーツ飲料
  • 缶詰
  • 菓子類

水分補給のための飲料や、体調がすぐれないときにも食べることができるもの、簡単に調理ができるものなどを準備しておきましょう。

普段から少し多めに食品や加工品を買っておき、使ったら使った分だけ買い足していくことで、日常的に一定量の食料を備蓄しておくローリングストック法もあります。

日用品の例

  • 市販の解熱鎮痛剤・総合風邪薬等
  • アルコール消毒薬
  • マスク
  • ごみ袋
  • ティッシュペーパー
  • トイレットペーパー
  • 洗剤・石けん等
  • 生理用品
  • 乳幼児や高齢者がいる世帯で必要な衛生用品(ミルクやおむつ等)
  • 体温計(電池残量も確認しましょう)

 


 

 

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課

富山県高岡市本丸町7-25

電話番号:0766-20-1345

ファックス:0766-20-1347