ホーム > 産業・まちづくり > 建築・開発 > 建築物 > 接道『認定』・『許可』制度について(建築基準法第43条)

ここから本文です。

更新日:2019年9月1日

接道『認定』・『許可』制度について(建築基準法第43条)

建築基準法第43条第2項に基づく認定及び許可について

敷地の前面が建築基準法上の道路でないとき、建築基準法第43条第2項に基づく認定または許可を受けることにより、接道要件を満たすことができます。

建築基準法上の道路について

認定及び許可の範囲について

原則建築基準法上の道路から道路への認定または許可となります。

※袋路状道路になる場合は、条件が付加される場合があります。

事前協議

対象の道が、1号認定または2号許可であるかの確認をするために、事前協議が必要です。協議の際には、道の状況、幅員が分かるように、写真や公図等の資料をご持参願います。

法43条第2項第1号【認定】について

その敷地が幅員4m以上の道(道路に該当するものを除き、避難及び通行の安全上必要な国土交通省令で定める基準に適合するものに限る。)に2m以上接する建築物のうち、利用者が少数であるものとしてその用途及び規模に関し国土交通省令で定める基準に適合するもので、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めるもの

高岡市の認定基準〔概要〕

  • 道(農道等)の幅員が4m以上あり2m以上の接道がある
  • 敷地内の建物すべての延べ面積の合計が200平方メートル以内
  • 一戸建ての住宅(兼用住宅、長屋等は除く)
  • 建物の高さが10m以下
  • 建築基準関係規定に適合している

※詳細は建築政策課窓口までお問い合わせください

提出書類

※詳細は建築政策課窓口までお問い合わせください

法43条第2項第2号【許可】 包括同意基準について

その敷地の周囲に広い空地を有する建築物、その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したもの

  • 高岡市で定める包括同意基準に適合する場合は、建築審査会への事前の同意は不要です。許可後に建築審査会へ報告します。
  • 包括同意基準に適合しない場合は、事前に建築審査会の同意が必要です。(法43条第2項第2号【許可】 同意案件について )

高岡市の包括同意基準〔概要〕

  • 用途が住宅及び住宅の付属建築物のもの

  • 延べ面積が200平方メートル以内(道の形態により条件が変わります)
  • 階数が2以下(道の形態により条件が変わります)
  • 建築基準関係規定に適合している

※詳細は建築政策課窓口までお問い合わせください

提出書類

※詳細は建築政策課窓口までお問い合わせください

法43条第2項第2号【許可】 同意案件について

その敷地の周囲に広い空地を有する建築物、その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したもの

  • 審査会開催月の前月20日までに申請が必要です。 (開催日程については、お問い合わせください。 )
  • 建築審査会の開催(委員5人による審議)
  • 同意を得られた場合、審査会の翌月の中旬頃、許可予定です。

例:審査会が10月開催の場合、申請書提出は9月20日まで、同意を得られれば11月中旬ごろ許可

提出書類

※詳細は建築政策課窓口までお問い合わせください

事前審査

認定および許可申請に先立ち、原則事前審査をしております。事前審査終了後、受付となります。

事前審査には、必要書類を1部(正本)整え、提出してください。

お問い合わせ

都市創造部建築政策課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1429

ファックス:0766-20-1477