ホーム > 産業・まちづくり > 建築・開発 > 建築物 > 長期優良住宅について

ここから本文です。

更新日:2022年9月22日

【お知らせ】 令和4年10月1日施行の長期優良住宅の改正内容

建築行為を伴わない既存住宅の長期優良住宅認定制度の創設

 現行の認定制度は、建築行為を前提とし、建築計画と維持保全計画をセットで認定する仕組みであるため、既存住宅については、一定の性能を有するものであっても、増改築行為を行わない限り認定を取得することができませんでしたが令和4年10月1日以降、優良な既存住宅について、増改築行為がなくとも認定(維持保全計画のみで認定)が可能となります。

 参考資料および手続き方法

       なお、法改正においては、一部認定基準の見直しを含んでおります。上記サイトでご確認ください。

      追加された「申請様式」は、こちらから 申請書様式(外部サイトへリンク) 

 手数料について

      建築行為を伴わない既存住宅の認定における手数料については、従来の増改築と同額 

      手数料一覧(令和4年10月1日以降)(PDF:414KB) 

長期優良住宅の普及の促進に関する法律等の改正に伴う手続きの変更について

改正の主な内容(令和4年2月20日改正)

法改正に関する詳細については、国土交通省ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

  • 住棟認定の導入

共同住宅について、区分所有者がそれぞれ認定を受ける仕組みから管理組合が一括して認定を受ける仕組みに変更

  • 認定手続の合理化

住宅性能評価を行う民間機関が住宅性能評価と長期優良住宅の基準の確認を併せて実施

  • 頻発する豪雨災害等への対応

認定基準に災害リスクに配慮する基準を追加

法改正に伴う手続きの変更について

提出書類が変わります

  • 登録住宅性能評価機関による事前審査を活用して認定申請をする場合は適合書が廃止され、確認書もしくは住宅性能評価書(長期使用構造等への適合の確認の結果が記載されているもの)の運用へと変わります。

《注意》改正法施行前に交付を受けた適合証は、なるべく施行日より前に申請してください。

  • 今回新設される災害配慮基準について、チェックシートを申請資料に添付してください。

    災害配慮基準のチェックシート
  • 各種様式も法改正に伴い変更されます。

手数料の金額が変わります

例)新築の一戸建て住宅の場合の新規認定申請(事前審査活用)の場合

6,000円(改定前)→12,000円(改定後)

その他の変更後の手数料については、こちらをご覧ください。手数料一覧(PDF:399KB)(令和4年2月20日以降)

                                                                                

災害配慮基準が新たに追加されます

以下の地域では原則として認定できなくなります

  • 建築基準法(昭和25年法律第201号)第39条第1項に規定する「災害危険区域」
  • 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号)第9条第1項に規定する「土砂災害特別警戒区域」
  • 地すべり等防止法(昭和33年法律第30号)第3条第1項に規定する「地すべり防止区域」

 

長期優良住宅認定制度について

  • 長期優良住宅の建築・維持保全をしようとする方は、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し、認定を受けることができます。
  • 当該計画の認定を受けた住宅については、長期優良住宅建築等計画に基づき、建築及び維持保全を行う義務が発生する一方で、長期優良住宅に関する税制特例の対象となります。

認定基準について

長期優良住宅建築等計画の認定を受けるためには、当該住宅が認定基準を満たしていることが必要です。

高岡市における居住環境の維持及び向上への配慮に関する区域について

(1)以下の区域の計画内容の基準に適合すること。

 

対象区域

お問い合わせ先
都市計画法

地区計画の区域

市街地開発事業を施行する土地の区域

都市計画課

景観法 景観計画の区域 景観みどり課
建築基準法

建築協定の区域

建築政策課

 

(2)以下の区域では原則として認定できません。

 

対象区域

お問い合わせ先
都市計画法

促進区域

都市計画施設の区域

市街地開発事業等予定区域

都市計画課

認定申請等手続きについて

  • 認定申請は、住宅の工事に着工する前にしてください。また、工事完了後は速やかに工事が完了した旨の報告をしていただくようお願い致します。
  • 各種手続き、提出書類については富山県のホームページをご確認ください。様式のダウンロードもできます。

高岡市が定める必要または不必要な図書について

認定手数料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市創造部建築政策課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1429

ファックス:0766-20-1477