文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 市政情報 > 入札・契約 > 規則・要綱等 > 前払金制度の改正について

ここから本文です。

更新日:2017年7月11日

前払金制度の改正について

改正の内容

前払金上限の撤廃について

地域建設業者の資金調達の円滑化を目的として、公共工事に要する経費について行う前金払の支払限度額(2億円)を撤廃します。

複数年度にわたる工事等に係る前金払いについて

複数年度にわたる工事等(主に建築一式工事等)の前払金については、契約初年度に契約金額の4割を支払っていましたが、今後は各年度に分割して支払います。この場合、各年度の前払金は、各年度の出来高予定額(支払限度額)に応じ支払うこととなります。

改正後の支払い例

平成29・30年度にわたる20億円の工事(支払限度額:29年度30%・30年度70%)

 

平成29年度:6億円 平成30年度:14億円

①前払金 2.4億円

(6億円の4割)

②部分払等 3.6億円

(6億円の残額)

③前払金 5.6億円

(14億円の4割)

④完工払等 8.4億円

(14億円の残額)

施行期日

平成29年4月1日から施行し、同日以降に入札の公告を行う工事等に係る入札から適用する。

お問い合わせ

総務部管財契約課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1252

ファックス:0766-20-1383