文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ホーム > 市政情報 > 入札・契約 > 規則・要綱等 > 建設工事における低入札調査基準価格の見直しについて

ここから本文です。

更新日:2017年4月6日

建設工事における低入札調査基準価格の見直しについて

建設工事における低入札調査基準価格に係る国の算定方式が見直されたことに伴い、本市においても同様の見直しを行うこととし、次のとおり、調査基準価格における直接工事費の算入率を引き上げます。

見直しの内容

調査基準価格の改正

調査基準価格の算定方式のうち、直接工事費の市積算に対する算入率を95%から97%に引き上げます。

現行 改正後
【範囲】 【範囲】
  • 予定価格の70%~90%
  • 予定価格の70%~90%
【計算式】 【計算式】
  • 直接工事費
95%
  • 直接工事費
97%
  • 共通仮設費
90%
  • 共通仮設費
90%
  • 現場管理費
90%
  • 現場管理費
90%
  • 一般管理費
55%
  • 一般管理費
55%
  • 合計額=調査基準価格
 
  • 合計額=調査基準価格
 

施行期日

平成29年4月1日から施行し、同日以後に入札の公告または指名の通知を行う入札から適用する。

 

 

お問い合わせ

総務部管財契約課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1384

ファックス:0766-20-1383