ホーム > 暮らし > 移住・定住 > 【高岡市地域おこし協力隊】山間部と都市部との交流コーディネーターを募集します

ここから本文です。

更新日:2021年4月28日

【高岡市地域おこし協力隊】山間部と都市部との交流コーディネーターを募集します

高岡市は、本州のほぼ中央で日本海に面する富山県の北西部に位置し、深緑と清らかな水に包まれた地域です。400年余りの歴史を持つ伝統工芸技術や祭礼、歴史的建造物が数多く継承されています。

地域おこし協力隊の制度を活用し、高岡市の西部に位置する「福岡町」で、地域づくり活動などに取り組んでいただける「山間部と都市部との交流コーディネーター」を募集します!

新たな視点で地元の人が気づかない高岡市福岡町の魅力や資源を発掘し、地域(山間部)の方と地域外(都市部=福岡町中心部)に住む方との新たな交流の場をつくり、中山間地域におけるコミュニティの維持と活性化、観光事業の更なる賑わい創出などに取り組んでいただきます。

最寄り駅は「あいの風とやま鉄道」(旧JR北陸本線)の福岡駅です。自然を満喫できる場所も多く、とても生活しやすい地域です。

 

五位山1五位山2

 

 募集職種

山間部と都市部との交流コーディネーター(1名)

業務内容

地域資源(竹の子、ゆず等)を活用した特産品開発、プロモーション

新たな視点による資源や魅力発掘、情報発信

体験イベント等による都市部との交流促進

地域行事、共同作業への参画

応募資格

下記の(1)~(8)のすべての条件を満たす方

(1)心身ともに健康で、地域の活性化に意欲と情熱があり、積極的に活動できる方

(2)令和3年4月1日時点で、満年齢が20歳以上の方

(3)応募時点で転出地が条件不利区域※1以外に在住の方で、採用後に本市福岡町の五位山地域(振興山村地域)へ生活拠点を移し、住民票を異動させることができる方

 ※1「条件不利区域」とは次のA~Gのいずれかの対象地域・指定地域のことをいいます。

 A.過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法、

 B.山村振興法、C.離島振興法、D.半島振興法、

 E.奄美群島振興開発特別措置法、F.小かさ原諸島振興開発特別措置法、

 G.沖縄振興特別措置法

(4)高卒以上で一定程度の社会(就業)経験をお持ちの方

(5)最長で3年間の活動期間終了後も、高岡市に定住し、就業しようとする意欲を持っている方

(6)普通自動車運転免許を取得している方

(7)パソコン(ワード、エクセル、メール送受信等)の一般的な操作ができる方

(8)インターネット、SNS等を活用して、効果的な情報発信ができる方

業務形態

市と業務委託契約を締結して、活動していただきます。

※社会保険料等は個人負担となります。

業務に支障がない範囲で副業を行うことが可能です。

業務期間

令和3年7月1日~令和4年3月31日 (業務開始日は、応相談)

※活動意欲及び実績等により、活動期間を最長3年まで延長します。

業務条件

(1)委託料

委託料の額は225,000円/月を上限に支給します。

(2)業務日数等

活動日数は、月20日を目安とします。

活動時間は8時30分~17時15分(休憩時間1時間)を基本としますが、業務内容により異なります 。(夜間、土日等の業務も業務時間として調整します。)

(3)待遇等

住居は、市が用意する住宅(五位山地域内の空き家)に居住していただきます。

住居家賃は、市が補助します。(上限50,000円/月)

ただし、転居や生活に係る費用、光熱水費及び通信費等は個人負担となります。

地域おこし活動に係る経費(パソコン通信費、車両の賃借料、車両燃料費、研修費、旅費、その他活動に必要と認められる経費等)については、地域おこし協力隊活動費補助金で必要に応じて、予算の範囲内で助成します。

選考方法

(1)応募方法

高岡市地域おこし協力隊応募用紙(高岡市地域おこし協力隊設置要綱様式第1号)及び住民票(令和3年4月1日以降発行のもの)を高岡市都市経営課へ郵送または持参してください。

(2)募集期間

随時募集(任用が決定し次第、募集締め切りとなります)

(3)選考

一次書類選考、および二次面接による審査を行います。なお、地域の支援、振興活動の経験の有無に関わらず熱意のある方、関心が高い方を優先し、選考を行います。(※ご提供いただいた個人情報については、地域おこし協力隊の選考以外の目的では利用いたしません。)

【一次審査(書類選考)】

審査の結果を応募者全員に文書で通知します。

【二次審査(面接による審査)】

高岡市内を会場に面接による審査を行います。(新型コロナウイルス感染症防止対策のため、オンライン面接となる場合があります。)

日時、会場等の詳細については、一次選考の通知の際にお知らせします。

面接会場への移動にかかる経費は応募者負担となります。公共交通機関利用の場合は、富山県の助成制度を活用することもできます。(「とやま移住支援交通費助成制度 」補助率1月2日、上限1万円)

二次審査の結果は、後日文書で通知します。

募集要領・応募用紙

「高岡市地域おこし協力隊」(山間部と都市部との交流コーディネーター)隊員募集要領(PDF:267KB)

高岡市地域おこし協力隊応募用紙(ワード:60KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長政策部都市経営課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1101

ファックス:0766-20-1670