ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > 家庭のごみの分別・出し方 > 「ごみ収集車の火災事故防止」にご協力ください

ここから本文です。

更新日:2020年1月15日

「ごみ収集車の火災事故防止」にご協力ください

令和元年12月23日午後2時20分ごろ、ごみ収集車の火災事故が発生しました。

火災の原因は、スプレー缶に残っていたガスが、プレス時に火花に引火したものとみられています。

 

syuusyuusya

火災が発生したごみ収集車

 

 

gomi

発火したごみ

 

 

 supurei

 スプレー缶

 

 

 廃スプレー缶・カセットボンベ等の出し方について

ごみ収集車両火災の主な原因は、スプレー缶・カセットボンベ等のエアゾール缶が中身の残ったままの状態で出されていることです。

 

高岡市では

 

①使い切って缶を空にする

②残っていないか缶を振り音でも確認する

③火の気がなく、風通しの良い屋外で穴を開ける

の手順で燃やせないごみ(月2回収集)の「金属類・家電品類」に出していただく

ことになります。

gasu

 

・家庭系ごみの分け方と出し方

ごみ収集車の火災による影響

 ・近隣住宅や住民の方、収集作業員に大きな被害が及ぶ可能性があります。

 ・収集時間に大幅な遅れが発生し、計画通りに収集できない恐れがあります。

 ・ごみ収集車の故障の原因となり、修繕が必要になったり、状況によっては廃車にする場合があります。

 bijinesuman

 皆様のご理解とご協力を 

                      よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

市民生活部環境サービス課

富山県高岡市長慶寺640

電話番号:0766-22-2144

ファックス:0766-22-2341