ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 寸劇「人生いきいきノート」のCATV番組放映のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2023年3月15日

寸劇「人生いきいきノート」のCATV番組放映のお知らせ

あなたも「終活」について考えてみませんか?

寸劇では、高齢で1人暮らしの水野さん(仮名)が自分らしく最後を迎えるために「人生いきいきノート」を書きながら「終活」について考える姿、そして水野さんと彼女の思いを支える在宅医療・介護に携わる医師や訪問看護師、ケアマネジャーが関る様子について、親しみやすい「高岡弁」を交えてお伝えします。

あなたもぜひ、水野さんと一緒に「人生いきいきノート」を書きながら、ご自身らしい最後について考えてみませんか?

  

 

番組の内容

1.はじめの挨拶:高岡市長 角田悠紀

2.寸劇:高齢で1人暮らしの水野さんが在宅医療や終活について医師や訪問看護師、地域包括支援センターから説明を受けながら終活について考え、人生いきいきノートを書き、自宅で人生の最期を迎える寸劇。

3.おわりの挨拶:高岡市医師会長 藤田一

  

  

放送日

 放 送 日:令和5年3月13日(月)~令和5年3月19日(日)

        午前9時 午後1時 午後8時30分(1日3回放映 1回30分)

        ※令和5年3月20日(月)以降は、午後1時に放映(1日1回)

チャンネル:高岡ケーブルネットワーク 9ch

 

 

 

  

【キャスト】

おばあさん(水野さん):水野谷 和子(高岡市社会福祉課福祉連携室)

診療所の医師            :林 智彦(なのはなクリニック院長)

訪問看護師       :野田 美加(元高岡市医師会訪問看護ステーション管理者)

包括職員        :東 智百子(ケアマネジメント高岡管理者)

ナレーター        :茂古沼 江里(福岡地域包括支援センター管理者)

  

脚   本:水野谷 和子

制作協力:学校法人未来高岡 富山県高岡看護専門学校

       高岡ケーブルネットワーク株式会社

       株式会社とやまソフトセンター

制作著作:一般社団法人高岡市医師会

       高岡市

 

 

 

「人生いきいきノート」とは?
 

人生いきいきノート

~大切な思いを、未来へつなぐ~

人生を振り返り、あなたに関する情報や要望・希望をわかりやすくまとめ、

しっかりと残しておくことで、家族を助けるもの。

それが、人生いきいきノートです。

 

【もくじ】

 第1章 わたしのこと

 第2章 人生会議~あなたらしく生きるために~

 第3章 もしもの時は

 第4章 エンディング

 第5章 大切な人たち

 

 

【配布場所】

高岡市高齢介護課(高岡市広小路7-50 2階 ⑪番窓口)

市内地域包括支援センター(地域包括支援センターについてはこちら

 

【料金】

無料

 

お問い合わせ

福祉保健部高齢介護課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1165

ファックス:0766-20-1364