ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 公費負担医療対象者の高額介護サービス費の過少支給について

ここから本文です。

更新日:2022年7月12日

公費負担医療対象者の高額介護サービス費の過少支給について

 介護保険では、1ヵ月に支払った介護サービスの利用者負担額が一定の上限額を超えたときに、超えた分を高額介護サービス費として支給しています。
 このたび、難病などの公費負担医療対象者の利用者負担額の算定において、すでに公表されている他の自治体と同様に、本市でもシステム上の誤りがあり、高額介護サービス費を過少に支給していたことが判明しました。

1 概要

 他の自治体において、難病などの公費負担医療対象者の高額介護サービス費の過少支給の事例が報告され、厚生労働省から全国の自治体に確認を行うよう通知があり、調査を行った結果、本市においても高額介護サービス費の過少支給があることを確認しました。
 難病などにより公費負担医療制度の対象となっている要介護被保険者が公費対象となる介護サービス(訪問看護等)を利用した場合の自己負担額を高額介護サービス費の算定に含めるべきところ、本市の介護保険システムにおいても含めず算定する仕様となっていたため、高額介護サービス費の支給額が過少となったものです。

2 追加支給対象

(1)対象期間
  令和2年7月利用分から令和4年5月利用分まで
  ※介護保険法の給付に係る時効(2年)による。

(2)対象者数
  14人(延べ72件)

(3)追加支給総額
  245,894円(1人当たり 最高53,836円、最小19円)

※現時点における概算のため、今後の確認作業によって変動する可能性があります。

3 今後の対応

(1)システムの改修により、正しく算定ができるようになり次第、対象者にはお詫びと追加支給についてのご案内を送付します。

(2)年間で算定する高額医療合算介護サービス費や国保・後期特別会計における高額介護合算療養費等にも影響が及ぶ可能性があることから、このことについても調査を継続し、追加の支給が必要となる場合は、対象者に改めてご案内します。

4 再発防止策

 今後は、システムの導入及び改修時において、支給適用条件の確認を確実に行うとともに、検証作業を複数人で行うなど、再発防止に努めます。

5 その他

  今回の件に関して、電話で金融機関名や口座番号を確認することはありませんので、ご注意ください。

お問い合わせ

福祉保健部高齢介護課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1375

ファックス:0766-20-1364