ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 介護者への支援 > 障害者控除対象者の認定

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

障害者控除対象者の認定

障害者控除対象者の認定
サービス内容

65歳以上の要介護認定を受けている方のうち、要件を満たす方を、障害者又は特別障害者控除対象者として認定します。

この認定により、障害者手帳を持っていない方でも所得税や市・県民税の申告の際に、(特別)障害者控除を受けることができます。

対象者

要介護認定で「要介護1」以上の認定を受け、下記の要件を満たす方
※在宅、入院、入所を問いません。

手数料 無料 

 

※対象者 65歳以上で次の要件に該当する方

障害区分

区分

(以下に準ずる者)

要件

(要介護度と自立度)

障害者

知的障害者(軽度・中度)

要介護1以上かつ認知症高齢者自立度Ⅱa以上

(Ⅱa:たびたび道に迷うことや、買物や事務、金銭管理などにミスが目立つようになる)

身体障害者(3~6級)

要介護1以上かつ障害高齢者自立度B1以上

(B1:日中、ベッド上での生活が主であるが、食事、排泄はベッドから離れて行う)

 特別障害者

知的障害者(重度)

要介護3以上かつ認知症高齢者自立度Ⅲa以上

(Ⅲa:着替え、食事、排尿が上手にできない、又は時間がかかる。徘徊、火の不始末等がある)

身体障害者(1・2級)

要介護4以上かつ障害高齢者自立度B2以上

(B2:日中、ベッド上での生活が主であり車椅子への移乗に介助が必要である)

 

  なお、自立度は要介護認定申請時における「認定調査票」等に記載されている「障害高齢者の日常生活自立度」「認知症高齢者の日常生活自立度」により審査します。

  障害者控除対象者認定申請書

 

お問い合わせ

福祉保健部高齢介護課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1372

ファックス:0766-20-1364