ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 介護サービスを利用するとき > 施設サービスを利用した場合の負担額

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

施設サービスを利用した場合の負担額

施設サービスを利用した場合は

  • (1)介護サービス費の1割~3割※
  • (2)食費
  • (3)居住費
  • (4)日常生活費

などが利用者の負担となります。

※3割は平成30年8月から。

 介護サービス

利用者負担は施設と利用者の間で契約により決められますが、水準となる額が定められています。

国が示す基準費用額〔1日あたりの施設における食費・居住費(滞在費)の平均的な費用を勘案して定める額〕

居住費(滞在費)

食費

ユニット型個室

2,006円

1,392円

ユニット型個室的多床室

1,668円

従来型個室

1,668円
(1,171円※)

多床室

377円

(855円※)

 

※介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の金額

 

食事

低所得の人には負担限度額が設けられます

低所得の人の施設利用が困難とならないように、食費・居住費について申請により一定額以上は保険給付されます。低所得の人は所得に応じた負担限度額までを自己負担し、残りの基準費用額との差額分は介護保険から給付されます。

対象者

住民税非課税世帯であること。(世帯分離している配偶者についても非課税であることが必要)

預貯金等が単身1,000万円、夫婦2,000万円以下であること。

対象となるサービス

介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、地域密着型介護老人福祉施設、短期入所生活介護、短期入所療養介護、介護医療院

利用者負担段階

居住費等 食費
  ユニット型個室

ユニット型

個室的多床室

従来型個室 多床室  

第1段階                    

本人および世帯全員が住民税非課税で、

老齢福祉年金の受給者、生活保護の受給者

820円 490円

490円

(320円※)

0円 300円

第2段階

本人および世帯全員が住民税非課税で、

合計所得金額+課税年金収入額

+非課税年金収入額(平成288からの適用分より)

が80万円以下の人

820円 490円

490円

(420円※)

370円

390円

第3段階

本人および世帯全員が住民税非課税で、

利用者負担段階第2段階以外の人

1,310円 1,310円

1,310円

(820円※)

370円 650円

※介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の負担限度額

負担限度額を受けるには、申請が必要です。  申請については、こちらです。

お問い合わせ

福祉保健部高齢介護課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1375

ファックス:0766-20-1364