ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 介護保険制度のご案内 > 交通事故等(第三者行為)による介護保険サービスの利用

ここから本文です。

更新日:2020年3月24日

交通事故等(第三者行為)による介護保険サービスの利用

第三者行為求償とは

介護保険サービスを利用すると、原則費用の1~3割分を利用者が負担し、残りは介護保険の保険給付で負担しています。ただし、交通事故等の第三者行為が原因で要介護状態となったり、要介護度が重度化して介護給付が必要となった人が介護保険サービスを利用した場合は、その費用は加害者である第三者が負担します。
そのサービス費の保険給付相当分は、市で一時的に立て替えて、あとで加害者に請求することになります。

第三者行為の届出について

市が支払った介護給付が第三者行為によるものかを把握するため、65歳以上の人が交通事故等の第三者行為を原因として介護保険サービスを受けた場合は、市への届出が必要となります。

第三者行為求償の手続き

被保険者は、第三者求償に該当する可能性が生じた場合、示談される前に高齢介護課までご相談ください。なお、第三者行為に該当する場合は、市へ下記書類の提出をお願いします。

書類

書類の内容

第三者行為による被害届(エクセル:27KB)

第三者行為による介護保険サービスの利用であることの届出書

交通事故証明書

交通事故の発生を証明する書類

自動車安全運転センターより発行されます。

事故発生状況報告書(エクセル:29KB) 事故の状況を詳細に記載する書類
念書(エクセル:18KB) 被保険者が加害者に対して有する損害賠償請求権のうち、介護保険が負担した保険給付分の権利を、市が取得する旨を被保険者と約束する書類
誓約書(エクセル:15KB)

市が一時負担した費用を賠償することを、加害者に誓約していただく書類

損害賠償金支払義務者欄には、加害者の押印が必要です。

上記書類の記載例

第三者行為による被害届(エクセル:28KB)
事故発生状況報告書(エクセル:33KB)
念書(エクセル:19KB)
誓約書(エクセル:17KB)

お問い合わせ

福祉保健部高齢介護課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1372

ファックス:0766-20-1364