文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ここから本文です。

更新日:2018年1月1日

平成29年度審査結果

平成29年度高岡”いいね”フォトコンテストの受賞作品を発表します。

グランプリ

グランプリ作品写真

義経公も見ていたかもしれない景色
細川 卓馬さん
(撮影場所/雨晴海岸)

こちらの作品は、義経岩から見る雨晴海岸を撮影した作品です。
太陽の光の反射を利用し、暗くなりがちな部分にうまく光を取り入れています。トンネルのような構図において、魚眼レンズを使用することで奥に広がる風景の鮮やかさも際立っています。撮影者の伝えたい光景が、様々な工夫の上で成立した作品といえます。
雨晴海岸を写した作品はたくさんありますが、鮮やかな色合いをここまで表現できたものはあまりなく、雨晴海岸の新しい“いいね”が表れた1枚です。

準グランプリ

準グランプリ作品写真

高岡レトロストリート
松村 明子さん
(撮影場所/木舟町)

こちらの作品は、高岡山町筋土蔵造りフェスタでの1コマを写した作品です。
モノクロにすることでノスタルジックな印象が強調され、作品の上半分を空とする大胆な構図が、作品に奥行きや解放感を持たせています。シンメトリに存在する建物の中心に人物をおく構図はバランスが良く、作品の中心へ引き込まれます。古き良き高岡が今もあり、今後も残していきたい、そう思わせる作品です。

季節の部門賞

季節の部門賞(春)

水面桜花
水面桜花
藤丸 正義さん(撮影場所/高岡古城公園)

高岡古城公園の池に桜の花びらが浮かぶ様子をとらえた作品です。
落花と水面とのバランスが良く、空間の扱い方が巧みです。満開の桜や散際の桜ではなく、落花に目を向け、古城公園の新しい魅力を伝えてくれる作品となっています。優しい季節の移り目を写した、情景描写に優れた作品です。

虹立つ街
虹立つ街
飯澤 和正さん(撮影場所/高岡市太田)

邪魔するものが何もない、のびやかな田園風景に表れた「二重の虹」をとらえた作品です。なかなか見ることのできない二重の虹が、水田にも反射をし、その幸福感は2倍にも4倍にも増して感じられます。稲の伸び具合もちょうどよく、春先だからこそ起こりうる光景に、写真は出会いである、と改めて実感させる作品です。

季節の部門賞(夏)

黄昏れて
黄昏れて
杉山 邦雄さん(撮影場所/高岡市片原町)

高岡市片原町交差点にある子どもたちのブロンズ像「ぎんぎんぎらぎら」を写した作品です。万葉線「アイトラム」に手を振っているような構図は、童謡の世界を現代に置き換えたようで、静止画にも関わらず、子供たちの喜びや躍動感が伝わってきます。
フラッシュをたかずに撮影し、黄昏どきの町の光景を綺麗にとらえている点も良いポイントです。

夜明けの花園
夜明けの花園
谷崎 悦夫さん(撮影場所/雨晴海岸)

雨晴海岸を写した「夜明けの花園」。女岩や立山連峰といった雨晴海岸の王道とされる被写体をメインに据えず、あえて手前に咲くヒルガオに焦点をあてる視点が素晴らしいです。画面構成も良く、雨晴海岸の新しい魅力が表現された作品となっています。

季節の部門賞(秋)

巨大梵鐘を打ち鳴らせ!
巨大梵鐘を打ち鳴らせ!
釜口 博昭さん(撮影場所/高岡市二上山)

一人の少女が二上山にある「平和の鐘」をつく様子を写した作品です。上部に鐘を写り込ませ、鐘と少女の大きさが対比される構図としたことで、少女の力いっぱいの動きや無邪気な表情が際立っています。アングルも良く、被写体の素直な心が伝わるような、見る人の気持ちを和やかにする、ハートフルな作品です。

 

 

Whitetown

White town
野田 友博さん(撮影場所/二上山)

「White town」は、霧に包まれた高岡市街の景色を、二上山から撮影した作品です。
自然の中から人工物が顔を出す様子は、どこかミスマッチで、宇宙の様な異世界 を思わせる光景となっています。なかなか見ることのできない光景に「宇宙感」が感じられ、見慣れた景色も、見るタイミング次第で全く別のものに見えると気付かされる1枚です。

季節の部門賞(冬)

 

 

Phantasia

Phantasia
長尾 岬生さん(撮影場所/中越パルプ株式会社高岡工場)

 中越パルプ株式会社高岡工場を写したこの作品は、スローシャッター(長時間露光)により写される噴煙の動きと、工場や橋のライトによるアクセントが作り出す幻想的な光景をとらえた1枚です。風の少ない天候を選び、暗くなり過ぎない絶妙なタイミングで撮影されているため、鏡のような水面に情景が映りこんでいる様子も美しく、計算された 作品になっています。

静寂
静寂
牛島 國男さん(撮影場所/高岡古城公園)

高岡古城公園の冬の光景を写した1枚です。
真ん中の木を中心に、枝ぶりのしっかりした木々がシンメトリーに配置され、構図がしっかりとしています。奥から光が差し込み、力強さと優しさが共存する自然の作ったアート作品のような作品。この場所を見つけ、この構図で切り取ったことが素晴らしいです。

高岡御車山祭賞

力持ち
力持ち
梶 智秋さん(撮影場所/高岡市木舟町)

この作品は、被写体との距離が近いことから表れてくる、
高岡御車山の曳き子の男意気や臨場感を
うまく取り入れた作品です。
力強い表情がよくとらえられており、
高岡御車山の醍醐味が伝わる作品です。

 

町の誇りとツーショット写真
町の誇りとツーショット写真
坂本 守さん(撮影場所/高岡市山町)

高岡御車山祭宵祭での御車山ライトアップの場面を写したこの作品は、いかにも現代らしい、携帯電話で各々が写真を撮っている様子と、伝統深い高岡御車山の対比が面白い作品です。見る人はその時代時代に合わせて変化しますが、高岡御車山はその姿を変えずに受け継がれ続けていく、そういう歴史が感じられる1枚です。

御車山に魅せられて
御車山に魅せられて
釜口 博昭さん(撮影場所/高岡御車山会館前)

この作品は、少女が高岡御車山の山車を見つめている後ろ姿をとらえたものです。少女の顔は写されてはいないけれど、どんな表情で、またどんな気持ちで見ているのかを想像させる作品です。御車山を背景とし、あえて観客をメインの被写体としたことに、他とは異なる視点があり、目を惹く作品です。

ファイアーマン応援賞

救助訓練
救助訓練
曽田 好隆さん(撮影場所/高岡市伏木)

高岡市消防艇出初式での救助訓練の様子を写したこの作品は、雪が映り込むことで、救助の過酷さや厳しさが、効果的に表れています。臨場感があり、救助する側の真剣さが伝わる作品です。

いなせ
いなせ
中谷 健太郎さん(撮影場所/高岡市役所)

この作品は、高岡市消防出初式での裸放水の一コマを切り取った作品です。ホースを持つ人の表情が綺麗に写り、なにを思っているのか想像させてくれる1枚です。
素直でストレートな作風により、高岡市消防出初式の良さが純粋に伝わってくる1枚となっています。

男の心粋
男の心粋
中山 八重子さん(撮影場所/高岡市役所)

高岡市消防出初式でのまとい初振りの様子をとらえた作品です。
カラープリントでありながら、モノトーン調に仕上げることにより作品に深みが増しています。
また、水しぶきがあることで、手前のまといを振り上げている人たちがより強調され、
力強さが表れた作品となっています。

奨励賞

名匠の力作に感動!!!

名匠の力作に感動!!!
安宅 大さん

 

小さな異空間

小さな異空間
青柳 愛莉さん

 

雪化粧

雪化粧
谷内 正和さん

お問い合わせ

市長政策部広報情報課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1238

ファックス:0766-20-1664