ここから本文です。

更新日:2020年9月8日

目指せ未来の高峰博士!

momiko1

29日、もみ子先生の親子実験教室が
ウイング・ウイング高岡で開催されました。

毎年人気のこの実験教室。
今回は「高峰譲吉博士顕彰プロジェクト」の一環として実施し、
市内の小学生と保護者19人が、
高峰博士が発見した「タカジアスターゼ」を使って
デンプンから水あめをつくる実験に挑戦しました。

まずは片栗粉(デンプン)を水で溶き、お湯を加えながら混ぜ、
温度を調整した後にタカジアスターゼを投入!
そこから反応させるために時間を置き、
鍋を加熱して水を蒸発させたら完成です。

お父さん・お母さんと一緒に参加した小学2年生の永井敦大くんは、
できあがった水あめを「砂糖とは違う甘さ」と分析していました。

その他にも、身近なものから簡単に作れる不思議なおもちゃの紹介や、
中央図書館の見学などもあり、
子どもたちは自分の手や五感で体験しながら、楽しく学んだようでした。

もしかすると、この中から
未来の高峰博士が生まれるかもしれませんね!

momiko4

momiko3

お問い合わせ

市長政策部広報情報課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1331

ファックス:0766-20-1664