ここから本文です。

更新日:2020年3月25日

国吉小・中学校、たくさんの思い出をありがとう

4月から、小中一貫の国吉義務教育学校へ統合再編する国吉小学校・国吉中学校。
24日、その両校の閉校式が国吉中学校で行われました。

閉校式には国吉小学校の6年生25名、国吉中学校の2・3年生25名のほか、来賓・保護者ら85名が出席。
新型コロナウイルス拡大防止のため、出席者にはマスクの着用を呼びかけられ、
出席者以外の児童・生徒は教室内のテレビで閉校式を見守りました。

髙橋市長は式辞で、
「両校の校風と伝統は、義務教育学校へ受け継がれていくものと確信しています。新しい環境になっても頑張ってください」
と話しました。

国吉小学校の野手校長は、
「児童・生徒力を合わせ、新しい校風を築いていくことを期待しています」
国吉中学校の寺田校長は、
「歴史の終わりは新たな出発のとき。ここで培った強い精神を礎に、さらに未来を切り開いていってください」
と、児童・生徒へエール。

国吉小学校6年生の平田匠くん、国吉中学校2年生の明庭妃南花さんが、
「たくさんの忘れられない思い出をくれた国吉小学校・国吉中学校、ありがとうございました」
と感謝の言葉を述べると、涙ぐむ出席者の姿も。
出席者全員で、両校の校歌を高らかに歌い上げ、閉校する学校に感謝をしながら、新しい学び舎に期待を込めました。

最後に、両校の校旗を受け取った米谷教育長が国吉小学校・国吉中学校の閉校を宣言し、閉校式は終了。
国吉小学校は112年、国吉中学校は73年の長い歴史に幕を下ろしました。

市内初の義務教育学校となる国吉義務教育学校の開校式は、4月5日。
両校の伝統と気風を受け継いだ児童・生徒らによって、どのような新しい歴史が刻まれていくのかが楽しみですね。

お問い合わせ

市長政策部広報情報課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1331

ファックス:0766-20-1664