文字サイズ
縮小
標準
拡大
  • 色合いの変更
  • Foreign Language
  • 携帯サイト
  • 検索方法
  • サイトマップ
  • 組織案内

ここから本文です。

更新日:2018年6月13日

外国籍市民の日本語支援は、傾聴から

9日、日本語を学ぼうとする外国籍市民の支援を行うボランティアを養成する
講座が市役所で行われました。

この講座では、外国籍市民が地域社会の一員として、
共に安心して暮らせるように
生活を送る中で必要な日本語学習をサポートするボランティアを養成するもので、
9月まで開催されます。

この日は、参加者約20人が、
日本語があまりわからない外国籍市民が悩んでいることがあるという事例のもと、
どんな支援ができるのかをワークショップ形式で考えました。

そこででた答えは、「傾聴」。
相手が伝えたいことをしっかり聞くこと(わかってあげること)。
そして、その相手が伝えたい言葉をはっきり発してあげること。
そうすることで、日常生活が自然と日本語を学ぶ機会になり、
外国籍市民への支援にもなるという内容でした。

講座参加者の一人である千葉隆史さんは
「大学生のとき、留学生と交流する機会が多く、社会人になった今でも何かサポートしてあげたいという思いから参加した。ぜひこの講座で学んだことを日常生活で生かしたい」と話していました。

講座は、途中参加もOKです。
誰もが共に安心して暮らせるまちを一緒に作りませんか。

お問い合わせ

市長政策部広報情報課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1238

ファックス:0766-20-1664