ここから本文です。

更新日:2018年3月20日

THE ドラえもん展が始まりました

IMG_9354

村上 隆 「あんなこといいな 出来たらいいな」 ©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co.,Ltd.All Rights Reserved.©Fujiko-Pro

3月16日金曜日、「THE ドラえもん展 TAKAOKA 2018」が高岡市美術館で始まりました。
この展覧会は、東京で開催され大好評だった「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」の巡回展。
その第一弾として、ドラえもんの作者、藤子・F・不二雄先生のふるさとである高岡が会場に選ばれました。

展覧会のテーマは「あなたのドラえもんをつくってください」

背丈以上もある大きさの絵画。
プロジェクションマッピングを使った、巨大なドラえもんの彫刻。
布や毛糸でできたピンク色の大きなドラえもん など
国内外で活躍するアーティストたちがつくる、ドラえもんの作品が盛りだくさんです。

早速市内から見に来た、宮腰夏芽ちゃん(2歳)は、いろいろなドラえもんに大はしゃぎ。
お母さんも「親子で楽しめる、とても楽しい展覧会でした」と大満足の様子でした。

参加アーティストの一人である、梅佳代さん(石川県能登町出身)は「小さいころからドラえもんが大好きで、藤子先生と同じ北陸出身ということを誇りに思っていました。今回公開した写真の中は、この展覧会の話があるずっと前から撮影したものもあります。私の生活の中にあったドラえもんを楽しんでもらえれば嬉しいです」と話していました。

展覧会は5月6日日曜日まで開催されています。

IMG_9382

坂本 友由 「僕らはいつごろ大人になるんだろう」©Tomoyoshi Sakamoto ©Fujiko-Pro

IMG_9374

梅 佳代 「私の家のドラえもんの写真」©Kayo Ume

お問い合わせ

市長政策部広報情報課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1331

ファックス:0766-20-1664