ここから本文です。

更新日:2017年7月21日

義経・弁慶像を多くの人にみてもらいたい

伏木富山港(伏木二丁目地内緑地)にあった「義経・弁慶像」が、21日、JR伏木駅前の高岡市観光駐車場内に移設されました。

義経が奥州に落ち延びる途中で身分を見破られそうになったとき、弁慶が義経を扇でたたく。この機転をきかせた行動により、義経は正体を見抜かれずに済んだという言い伝えを表現している「義経・弁慶像」。

より多くの人に見てもらいたいという地元の人々が、実行委員会を立ち上げ、今回の移設に至りました。実行委員会の菊池喜義さんは「勝興寺などの観光周遊コース上に移設することにより、多くの人に見てもらいたい。これを契機に、たくさんの観光客に伏木を訪れていただけるよう、地元が力を合わせて頑張っていく」と話していました。

跡地には、記念石碑が

お問い合わせ

市長政策部広報情報課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1331

ファックス:0766-20-1664