ホーム > 暮らし > マイナンバー制度 > 独自利用事務

ここから本文です。

更新日:2018年11月8日

独自利用事務

独自利用事務とは

「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(マイナンバー法)第9条第2項に基づき、地方公共団体は、マイナンバー法に規定された事務(いわゆる法定事務)以外でマイナンバーを独自に利用する事務(以下「独自利用事務」という。)を各団体の条例で規定することが認められています。

本市では、「高岡市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例」等に基づき、高岡市独自の事務において個人番号(マイナンバー)を利用することとしています。

この独自利用事務のうち、個人情報保護委員会規則で定める要件を満たすものについては、情報提供ネットワークシステムを使用した他の地方公共団体等との情報連携が可能とされています。(マイナンバー法第19条第8号)

マイナンバー法第9条第2項に基づく条例

独自利用事務の情報連携にかかる届出について

本市の独自利用事務のうち、情報連携を行うものについては、次のとおり個人情報保護委員会に届出を行っており、承認されています。(マイナンバー法第19条第8号及び個人情報保護委員会規則第4条第1項に基づく届出)

執行機関

届出番号

独自利用事務の名称(届出書)

市長

1

高岡市重度心身障害者等医療費助成条例(平成17年高岡市条例第111号)による重度心身障害者等に対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

市長

2

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)による地域生活支援事業に関する事務であって規則で定めるもの

市長

3

高岡市こども医療費助成条例(平成17年高岡市条例第122号)によるこども医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

市長

4

高岡市ひとり親家庭等医療費助成条例(平成17年高岡市条例第104号)によるひとり親家庭等に対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

市長

5

高岡市営住宅条例(平成17年高岡市条例第187号)による市有住宅の管理に関する事務であって規則で定めるもの

市長

6

高岡市ひとり親家庭等医療費助成条例(平成17年高岡市条例第104号)によるひとり親家庭等に対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

※準ずる事務の変更によるもの

届出1_高岡市重度心身障害者等医療費助成条例による重度心身障害者等に対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

根拠規範

届出2_障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律による地域生活支援事業に関する事務であって規則で定めるもの

根拠規範

届出3_高岡市こども医療費助成条例によるこども医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

根拠規範

届出4_高岡市ひとり親家庭等医療費助成条例によるひとり親家庭等に対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

根拠規範

届出5_高岡市営住宅条例による市有住宅の管理に関する事務であって規則で定めるもの

根拠規範

届出6_高岡市ひとり親家庭等医療費助成条例によるひとり親家庭等に対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

根拠規範

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長政策部広報情報課

富山県高岡市広小路7-50

電話番号:0766-20-1239

ファックス:0766-20-1664